2017/12/08 21:42


2017年12月6日〜直営店(恵比寿本店・お台場店・枚方駅前店)での先行販売、

2017年12月15日〜2018年2月28日 全店販売となる

よってこやの新商品発表会に行ってきました。



みなさん、ミシュランガイドはご存知でしょうか?

さまざまな飲食店が☆をいただくことを目標として日々精進されているかと思うのですが

私のイメージではお料理のジャンルを考えたときに、特にラーメンなどの庶民的な料理は

☆をいただいているお店はすごく少ないように思います。







でも、ラーメン店、2店ほど星を貰っているお店があるんですよ。

そのうちの1店が大塚にある「創作麺工房 鳴龍」です。







そして店主の斉藤さんです。





がっちり握手!



その「創作麺工房 鳴龍」とよってこやがコラボした

スペシャルな担々麺は「よってこや極担坦麺『叶奏〜かなで〜』」。







斉藤店主とよってこやの担当さんが、斉藤店主の店休日のほとんどを費やして

こだわりぬいて共同開発した商品です。



こだわりポイントは7つ!



(1)芝麻醤

 ごまの種類や加工の仕方で胡麻本来の芳醇な香りを抽出し、

 さらにそのあとの加工で口当たりの超滑らかな芝麻醤にしているとのこと。

 芝麻醤の加え方にも工夫をし、スープを2層にすることで

 醤油のキレとコク深い胡麻の風味を楽しめるようにしている。



(2)スープ

 よって小屋鶏ガラ豚骨スープに貝の出汁を黄金比率でブレンドし、

 濃厚な余韻に貝の旨味や甘みを加えたこの担坦麺のためだけのスープとのこと。

 返しには小豆島の杉樽仕込みの醤油をブレンドして醤油のキレをきかせています。



(3)自家製肉味噌

 豚肩ロースを角切りにして使ったため、肉感に特長があります。

 この肉味噌はこのこの担坦麺のためだけの“特製肉味噌”!

 干し海老ベースの味噌“沙茶醤”をブレンドしているので

 独特なヤミツキ感を演出。



(4)特製麺

 細いのにしっかりコシがありしなやかさのある

この2層式スープの担坦麺のために開発した麺。



(5)九条ネギ

 冬の時期に他の青ネギよりも口当たりが柔らかな九条ネギを選択。



(6)金胡麻

 味・香りともに際立つ金胡麻を提供直前に挽き加えて

 芝麻醤とはまた違う濃厚な胡麻の風味を加えています。



(7)和山椒

 全体の味のバランスから程よい“痺れ”を加えるため

 四川の花山椒ではなく国産の山椒を選んだとのこと。









当日は社内のテストキッチンでの調理風景も見せていただき、

普段はその様子を写真に撮ることは難しいのかなと思いますが、

調理風景も撮影させていただきました。(ごく一部を掲載)



・湯切り







・こだわりの鶏白湯と貝の出汁を混ぜたスープ







・特製肉味噌







・こだわりの細麺







など多数の写真を撮らせていただきました。









日の丸構図で失礼。

濃厚そうなスープの海に特製肉味噌や金胡麻、九条ネギなどが載ります。







麺は細麺であるがゆえに、濃厚なスープをまといすぎることもなく、







この特製肉味噌にダイス状の大きめの肉が入ることで

肉肉しいボリューム感を感じます。

変わった表現かなとも思いますが、

私にとっては味のマッチしたワンプレート感があって、

飽きずに女性でもペロリと食べ切ってしまう、そんな担坦麺です。



私は「すごく辛いもの」は内臓のためにもあまり食べないようにしていますが

この「よってこや極担坦麺『叶奏〜かなで〜』」は辛さを意識することなくいただけました。

もちろん辛さを感じないわけではないのですが、軽く程よい程度。

気が付いたらペロリと一杯食べ切っていました。





この「ヤミツキ感」をぜひ味わってみてください。



詳細はこちらから⇒http://www.yottekoya.com/news/2017/171206.html





ランキングに参加しています。

1日1回、ポチっと押して応援していただけると嬉しいです。





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ




レシピブログに参加中♪
こらそんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ