2018/03/09 21:16


3月は何かと忙しくて、もう1/3が過ぎてしまいました!

3月が終われば一年の1/4が終わったことになりますよ!早い!



早く美味しいものを食べに行かなくては!

冬の美味しいもの、逃しちゃうと思うの。

天候は不順だし、暖かくなりかけてるし。





さてところで、

新橋〜虎ノ門の間には沢山の飲み屋さんがあって、

私はバルも好きだけど居酒屋も好き。

お料理を私好みに仕上げてくれてたら、

めっちゃファンになっちゃう!



友人に山本魚吉行こう!と言われ、

人の名前と勘違いしていたのは内緒の話。

(魚吉は他の名前の聞き間違いだろうと思っていました)







「山本魚吉商店」は思ったよりもずっとずっとオシャレな、

ガラス張りのお店でした。

中には男性ばかり!でも美味しいものがあると噂に聞いたら

行かずにはいられないよね♪



魚には自信があるお店のようで、

表の看板は







お得情報はここに!?







美味しい日本酒は







なかなかこだわりがある感じだし、だから男性が多くいくのかしら?







そして外せないハッピーアワー♪

私たちもその時間に引っかかるように行ってきました。



店内はテーブル席メインでカウンターは6席ほどかな。

私たちはカウンターで。テーブル席はお客さんで一杯でした(ほぼ全員が男性!)



ちょっとお寿司屋さんのネタケースのような冷蔵ケースが目の前に。







旬の食材や







きれいにさばかれた魚が、身も厚くてしっとりして見るからにおいしそうです。





さて、この日の乾杯は「レモンサワー」







スッキリした飲み口で、喉が潤います。







お通しは「姫さざえ」でした。

普段、サザエの肝のところ残しちゃうんですが、

苦みもほどほどで残さずいただいちゃいました。



この日は「大将おまかせ!」っていう感じでおススメなものを選んでいただきました。







前菜的に「春野菜の三種盛り」

ふき味噌をきゅうりにつけていただく「ふき味噌きゅうり」や

「独活のきんぴら」「菜の花のからし和え」など早春を思わせる盛合わせ。

独活のきんぴらは味が染み染み♪







たっぷり盛られた「生しらす」はショウガを効かせていただきます。

お醤油をちょっとかけて、ってのが美味しいんですよね〜。^^







珍しいのが「生さばの刺身」

九州ではゴマサバってあるけれど、それを想像するような感じで







たっぷりの胡麻がふってあり濃いけど甘目のたまり醤油を

かけていただきます。ごまの風味と脂ののった鯖が合うんですねぇ。

この食べ方、初めてかも。







「お刺身のっけ盛り」

マグロ、天然真鯛、イワシ、鰹、ヤリイカの5種盛りですが、

ゲソやエンペラのまだ皮が残っている部位は後ほど天ぷらにします、とのこと。

マグロの身の厚みも、こんなに厚いのに美味しさがよく分かるし

イワシ、鰹の脂はのっているけどしつこくない!

ここに来たら必食のメニューかも。









「しあわせ果実 七福神 濃いとろゆず」

ソーダ割りでお願いしました。

あまりの果肉感にソーダが泡吹きました。

ここまでの果肉の濃さはなかなか見ませんね。

美味しくて次回も飲みたいです。



ところで、おまかせで出していただいてはいましたが

どうしても食べてみたいメニューがあり、追加してもらいました。







「アジフライ」

塩水などを使った下ごしらえは、ひと手間どころか二手間も三手間もかかっている感じ。

そのおかげでふっくらとした身がサックリの衣の中から現れます。

ランチではソースではなくわさび醤油をかけるようになっているというお話に、

頭の中ではランチをここで食べるときのタイムスケジュールをグルグルと考えていたのでした。







「かきの天ぷら」と「カキフライ」

世界一美味しい「セカウマ」な牡蠣を美味しく食べることを考えたら

実は天ぷらの方がおすすめなんだそう。







なにやら盾もいただいたというめちゃ美味しい一皿は「牡蠣フライ」なんですけどね。

「ホリエモン」も美味しいと認めた牡蠣なんだとか!

洗ってないかきの美味しさがわかる牡蠣なんですが、贅沢に天ぷらとフライにして食べ比べちゃいました。

私の好みは...どっちも美味しくて決められない!でした。



ところで、先ほど「お刺身のっけ盛り」でゲソとかエンペラがありましたが、

あれはこんな感じでクルリンした天ぷらに...







「ヤリイカの天ぷら」

付け合わせの昆布塩には山椒を合わせてあるとのことで、







熱いうちに付けていただくと鼻から山椒が抜けます。

サックリの衣とイカの歯応えが美味しさを引き立てます。







「金目鯛の煮付」

濃く見える煮汁はいい塩梅。

このままごはんにかけていただきたくなるほどのいいお味。

焼き葱にもこの煮汁を絡めながらいただくと最高!

ついついご飯ものがやっぱり欲しくなってしまいました。







「寿司三貫」

手前から島寿司からオマージュしたブリ。

辛子醤油にブリを漬けてみたそうです。

辛子醤油とはいっても実際頂いてみるとさほど辛くありません。

「金目鯛」は塩とすだちで、とのこと。脂っぽさはなくさっぱりといただけます。

「ホタルイカ」は酢味噌付き。2匹も載っていました。

ガリが生姜のガリだけではなくセロリも。

セロリの下ごしらえのコツ、なんて教えていただき、

こうなれば家でもセロリの甘酢漬けを作るしかなくなってきました!

野菜が値下がりしたらやってみましょう♪



島寿司は、八丈島の方のブログにたびたび登場するのですが、

こちらでは食べたことのないもの。

目を付けるところが違うなぁ、なんて思ったりしました。





ここまでで満腹&大満足。

ランチもやっているそうなので、気になるのです。

上手くタイミング合わせて行って

混んでない瞬間に入店できたらいいなぁ。





山本魚吉商店

TEL:03-6883-9261

東京都港区西新橋1-21-1 サンクレスト弐番館 1F





ランキングに参加しています。

1日1回、ポチっと押して応援していただけると嬉しいです。





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




人気ブログランキング




レシピブログに参加中♪


こらそんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ