2019/08/29 08:41

夏休み、長野県松本で草木染めを
体験してきました。

「白木染物工場 藍しろき」
じゃらんで予約して行きました。

主人と息子は藍染め。
洗濯バサミでとめたり、輪ゴムで
結んだりしただけですが、いい感じ
の模様に♪

私は桜の落ち葉染めを体験。
落ち着いた色が気に入りました。
秋になったらこのストール使います!
教えてくださった奥様のあたたかい
人柄にすっかり癒やされました。

草木染めは、小さな子供でも
誰でも挑戦できて、出来上がった
作品はその時その人にしか作れない
オリジナルなもの。

初めてだったけど、また体験したい
と思いました。

結局、自由研究は藍染めと朝顔の
押し花を学校に持って行きました。

周りの男の子は、男の子らしい
工作など持って来たみたいで(^_^;)

私の趣味に付き合わせてしまった
かなと思いましたが、草花で
あそんだことも、夏休みの想い出に
残ってくれていたらいいなと
思います。


サンキュ!恵さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/20 07:19

長野へ日帰り旅行に行ってきました。

念願だった安曇野ちひろ美術館へ。

「窓ぎわのトットちゃん」で
トットちゃんが通ったトモエ学園の
電車の教室も再現されていました。


「窓ぎわのトットちゃん」は、
小さい頃何度も繰り返して読んだ物語。
親があきれるほど何度も読んでいました。
私はトットちゃんとは逆であまり話さない
大人しい子だったのに、どうして
そんなにも、この物語に引き付けられ
たのか...。

大人になった今、息子に読み聞かせて
います。息子は、よく動いて集団から
はみ出しがち(^_^;)なところがあるので
トットちゃんが遭遇する出来事が
他人事とは思えない様子。


私は子供の時とは違って、今は
母親の目線、教育者の目線で
読んでいます。

大学時代は教育学科に在籍して
いたので、教育とはこういう
ものであって欲しいという
理想を自分なりに持っている
つもりです。


今よりもっと個性的な子に対して
理解がなかった時代に、おおらかに
(きっと葛藤や心配はあったけれど
それを子供に見せずに)育てた
トットちゃんのご両親。

子供が持ついい性質を見つけて
伸ばしてあげようという信念を
持ちそれを実践した先生と学校。

子供にとって理解ある大人に
出会うことは宝だと思います。

今は、昔にはなかった発達障害
という概念もあって、支援が
受けやすくなった反面、その
言葉が独り歩きして差別にも
繋がってしまう危うい面も。

親も我が子をなんとかしなければ
という思いにかられ、教師も長所より
問題と思われる芽を早く摘み取ろうと
する。

トットちゃんに出てくる世界が
夢物語のように思えてしまう時
もあります。

発達障害という概念が知られるように
なったのもここ最近。
その定義すらまだ曖昧なところがあり
親が先が見えず道なき道を歩かされている
ような気持ちになるのは当然のこと。

これから子供たちのために作って
いかなければならない道。

そのために、今子育て中のお母さんや
子供が自分の気持ちを発信していく
ことが大切な手がかりになると思います。

勇気がいることだけれど、当事者に
なってみないとわからないことは
たくさんあります。

私も、これからの時代のために
自分ができることを小さなこと
かもしれないけど、やっていき
たいなと思います。

ブログなどのSNSも、自分の感じた
ことを表現するのに役立つツール。

幼い頃、あまりにも私が何度も
「窓ぎわのトットちゃん」を
読んでいるので、母が
「このお話のどんな所がそんなに
好きなの?」と聞いてきました。

当時は自分でもよくわからず
答えられなかったけど、今は
答えられるような気がします。

なぜか夢中になるものには、意味
があると思います。その時は
わからなくても。

なんだか私の読書感想文のように
なってしまいましたが、子供の
夏休みの宿題がまだ終わってない
ので今週は宿題ウィークです(>_<)



お盆明けでお仕事の方も、子供が
夏休みで忙しいお母さんも、
皆さんお疲れさまです!!




サンキュ!恵さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/07 15:23

ホテルやグランピングなど
色々な施設があるツインリンクもてぎ。

今回は、子供が楽しめる遊園地
モビパークだけ行きました。

新しくできた屋内型巨大ネット
アスレチックSUMIKAを体験。

何か特別な仕掛けがあるわけでは
ないですが、この暑い季節に
子供が思い切り身体を動かして
遊べる施設はありがたいm(_ _;)m

従兄弟と一緒に行ったのですが
本当にのびのび楽しんでいて
良かった(^_^)

他にも、カートやモーターサイクル
などの乗り物のアトラクションが
ありました。

年齢制限などもあり、印象として
小学校中学年〜高学年ぐらいの
子が一番楽しめそうな施設だな
と思いました。

バスツアーのため時間があまり
なかったので、今度はゆっくり
遊びたいです。



サンキュ!恵さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ