2019/09/12 22:07

息子が茶道を習っています。

私自身は習ってはいないのですが
先日体験する機会があり、
その奥深さに魅了され、自分でも
ぜひ習ってみたいと思いました。

普段、ジッとしていない息子ですが
どういうわけか茶道は熱心に習って
います。

好きなことをさせてあげたい、
でも努力することの大切さも
わかって欲しい。

そんなジレンマが私の中にあり
ましたが、茶道にそのヒントが
ありそうだと感じました。


 
利休百首
「上手にはすきと器用と功積むと
 この三つそろう人ぞ 能くしる」

この言葉の私の中での解釈です。
正しい意味とは違うかもしれませんが。

物事を上手になるには3つ条件が
ある。

まず好きであること。
才能があること。
努力を続けること。




好きなことや得意なことで
たゆまぬ努力を続けること。

茶道には、相手を思いやる気持ちが
根底にあります。

ワクワクすることをコツコツと。
それを周りの人の幸せのために
できること。

それが、その人にとっても
周りの人にとっても、幸せ
な事なのかもしれません。






サンキュ!恵さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ