2015/01/09 07:38


我が家の長男、4歳のとと。は、3歳の時に自閉症スペクトラム障害と診断された。


市で行っているデイサービスを個別とは別に、集団にも通い出した…とと。が3歳9カ月の頃。
集団のデイサービスは、月に1度ではありますが 同じ施設内の1階の保育園の活動に参加する事が出来る交流保育。と言う活動に魅力を感じて…個別に加えて、集団も週1回通う事にしました。

初めての集団デイサービスでは、たまたま念願の交流保育。
同年代の子どもと同じく活動に参加してみて…やはり、集団生活に慣れていない。
椅子に長い時間、座っていられない。
1つのオモチャ(1つの遊び)で、長く遊んでいられない。次々、新しい遊びをしたがる。
普段は、なかなか見れないとと。の様子が見れたし…これからの課題が見えて来た、交流保育となりました。


この3歳9カ月の頃の言葉は…やっと、2語文がで出した頃。
ほんの少しの2語文だけど…とと。の言いたい事がわかりやすくなった。
会話っぽくなってきた お話がとても嬉しかった。

トイレも、自分からオシッコを訴える様になって来たし…こっちでも時間を見ながら、トイレに誘う様にしてから パンツを汚す事が無くなって、それまで使っていたトレーニングパットを止め トレーニングパンツ1枚で日中を過ごす様になっていた。
3歳児健診時に提出出来なかった、尿検査…(今まで、オムツが外れていなかった。と言うか…オシッコの訴えが無かったのでオシッコを取る事が出来なかった。)
この頃に、やっと再提出。と言う形で提出する事が出来た。
この3歳児健診の時にやってくれる尿検査は、2ヵ月に1度の機会があって4歳までは無料で市が行ってくれていた。
なんとか、ギリギリ…4歳までに尿検査を提出する事が出来た。


体を動かす事が元々好きなとと。
この頃、自分から積極的にアスレチックみたいな物に挑戦したがる様になった。
(私の住む北海道は、冬場は公園での遊具遊びは出来ません。雪が溶けるのを待って春に公園に行ける様になるのを楽しみに待っています。)
これまでは、高さのある物だったり、ロープの様な不安定な物には自分からあまり やりたい。の訴えが無かったんですが…
一緒にやろう 手伝って欲しい!! と、やりとげようとする姿が見られる様になりました。
この頃、やっと暖かくなりだした5月頃だったので…時間が許す限り、あちこちの公園に連れて歩きました。



心も体も成長しつ来ている事を改めて感じながら…
この続きは、また次回に…
読んで下さった方、ありがとうございます。

いちこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ