2015/03/14 07:41


我が家の4歳の長男、とと。は3歳の時に発達障害と診断されました。

現在、とと。は…4歳7カ月。


今から半年前…
4歳1カ月の時の話です。

3カ月に1度通っている療育センターに受診をして、言葉の成長を誉めて貰えて…ちょっと前から感じていた、とと。の手先の不器用さと言うか…。上手く使えてない感じを相談してアドバイスを貰った所だった。
家庭でも出来る遊びなどに取り入れて、出来るだけ継続的に取り組む様にした。

この頃、とと。は良く歌を唄う事が増えた。ハッキリした口調で、ご機嫌な時に唄ってくれた。
1年前…3歳を過ぎても単語がひとつ、ふたつぐらいしかしゃべれなかったとと。
たった1年で…歌まで唄える様になるなんてっ
本当に…遅いながらも…
ゆっくり、ゆっくり…
とと。のペースで成長をし続けてる…。
そう感じる事が出来て、嬉しかった。

他には、この頃…
泣いている姿を見ては、「大丈夫?」って声を掛けれる様になったし…
「怒ってない?」って聞く事も出てきた…。
自分の気持ちを伝えられる様になっただけじゃなくて、この頃には人の気持ちになって考えられる様になって来ているのがわかった。
とと。が心配してくれて、大丈夫?って聞いてくれる姿が可愛くて…私は、何度か泣き真似をワザとした事もあった。


そんな時…幼稚園に入園するにあたって、もしかしたら必要になるかもしれない療育手帳。(加配の先生を付ける必要がある場合…手帳があった方が有利に働く事が多いそうです。)
以前から手続きして申請していたのが届いた。と言う知らせを受けて…市役所に取りに行きました…。

わかっていた事… 私が手帳を申請したハズなのに… とと。が必要とする事があるかもしれないから。って貰う!!と決めたハズの手帳…
だけど、実際に手元に療育手帳が届くと…ショックで…

療育手帳を受け取った時のブログ
(時間のある方は、一緒に読んで下さい。)

複雑な気持ちでした。


それでも、3歳を過ぎて待っていた言葉の成長を著しく見せてくれたとと。

4歳をすぎたこの頃には、心の成長を見せてくれている…

ナッチョ。が泣いたら…大丈夫?って心配してお兄ちゃんらしい1面を見せたり…
お父さんが仕事から帰宅したら、玄関まで迎えに行き…ご苦労さんっ(なぜか、ちょっと上から目線ですがっ。)って、ねぎらいの言葉を掛けて…鞄をしまってあげたり…
残業の日は、ちゃんと自分で理解してるのかお父さん、来ないよ お父さん、会議ー!!って自分に言い聞かせているみたいにしてたり…
4歳2カ月になるこの頃には、ボチボチ…3語文が出てきた。
3語文にもなると、なかり会話らしくなりますね。

とと。とお話するのが益々楽しくなりました。


今回のお話は、ここまで。
また続きを書きます。読んで下さってありがとうございます♪

いちこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ