2015/04/02 07:40


我が家の4歳の長男、とと。は、3歳の時に発達障害と診断されました。


現在、とと。4歳7カ月…。

今から約半年程前の、4歳3カ月になったばかりの頃の話…。

この頃…とと。の希望する幼稚園の願書の交付がありました…。
まだ、とと。がちゃんと幼稚園に入園出来るかわからなかった時で…とても不安でした…。
願書を取りに行った時のブログ
(良かったら合わせて見て下さい。)

この時期に…とと。は、苦手を1つ克服しました
とと。には…自閉症の人によく見られる、聴覚過敏…と言う程の過敏さはありませんが…苦手な音があります。
その苦手な音の1つが…
ドライヤーの音…。
どうにも、こうにも苦手らしくて…小さい頃から音が聞こえると逃げ出していたので、ドライヤーを使った事がありませんでした。
そして、私たちも とと。が嫌がるから。って極力使わない様に生活していたんです。

だけど…もうすぐ、雪が降りだす北海道…湯上がりに髪を乾かさないのは…風邪引く原因になります…
チビーズ二人は、タオルで拭いたらなんとかなる。っちゃなるんですが…
幸いにも、ナッチョ。がドライヤーを嫌がらなかったので…秋頃から、わざとドライヤーを使う様にしていたんです。
始めは、私だけが使っていて…
そのうち、旦那さんにも使って貰って…
それから、ナッチョ。にも掛けてあげる様にして…
毎日、毎日、お風呂上がりにはドライヤーの音が聞こえる様に…。
無理にとと。にドライヤーを使おう。とは思っていませんでした…
ただ… このドライヤーの音に少しでも慣れてくれたら、いいな。と思って使い始めたので、ドライヤーは使えなくても良かったんです。

そんなある日…何気なく、とと。に「とと。もドライヤーする?髪、乾かしてみる?」
そしたら… 嫌がらずに来てくれた…

ドライヤーを髪に当てながら…
「あら、エライねぇ〜   すぐ、終わるよぉ〜」って声を掛けて。
あんなに嫌がって、とと。には不快に聞こえるドライヤー音…。
この感覚がイマイチ私には理解出来ないけど…
嫌な音に聞こえるんだよね?
それでも、少しずつ 受け入れようとしてくれてる事が嬉しかった

初めてドライヤーが使えた日…
まだ髪は乾ききっていなかったけど、少しの間だけどドライヤーが出来た事を思いっきり誉めてあげました。
頑張りも認めてあげました。
お父さんも、一緒に喜んでくれました。


また、少し出来る事が増えたね。
なんだか、とと。は、とっても嬉しそうでした。
自信に繋がったのか、この日からお風呂上がりにドライヤーを掛けるのが習慣になりました。
最初のうちは…気分が乗らなかったり、まだ音が怖いのか…たまにドライヤーを掛けるのを嫌がった日もありましたが…
(嫌がったら、しません。 今日は嫌なんだね。わかったよ。 また明日にしようね。 そう言って、使えない日があっても気にしない様に…。)
今では、余裕な表情で…  以前のように異常に怖がっている!!って感じは、全くありません。

良かった…

生活の中で聞こえる音が不快だったら…苦痛ですもんね…
ちょっとした事だけど改善出来て良かった


今日のお話は、ここまで。
また続きを書きます♪ 読んで下さってありがとうございます

いちこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2015/03/28 07:38


我が家の4歳の長男、とと。は3歳の時に自閉症スペクトラム障害と診断されました。

現在、4歳7カ月のとと。


今から半年程前…のお話…。
とと。が4歳2カ月の頃の話…。
この頃、やっと三語文を使える様になってきて…お話が会話らしくなって来て、とと。とおしゃべりするのが楽しくなって来てた。
色々な事をわざと聞いたり…。

そう、そう。
この頃…  とと。は、ありがとう。が自然に使える様になりました。
わざわざ、促さなくても ちゃんと自分から ありがとう。のお礼が言える様になったので嬉しくて…。
ありがとう。と、ごめんなさい。はしっかり言える人になって欲しいなぁ。ってずっと思っていたから…一歩近付けたねっ
これがね、簡単な様で…大人でも、なかなか素直に言えなかったり お礼や感謝の気持ちを言えない人(言わない人もいるか。)だったり… 自分が悪くても謝らない人もいるもんなー。(こう考えたら…子どもの方が悪い事したら素直にごめん。って言ってるなー。)

手先を使う粘土遊びだったり、洗濯バサミを挟ませたりは…継続してやってたんだけど、この頃…じゃんけんをやらせてみたんだぁ。
グー、チョキ、パー
この手の形… こんな手の動きをさせるのも、いいかな?って思って。
ただね、とと。は、じゃんけん。をわかっていないからね…
私と旦那さんとで、じゃんけんをするのを見せて… じゃんけん。って掛け声があるから、何か楽しそうに感じるみたいで。
じゃんけん。のルールをわかってないとと。は…ひたすら後出しで私の真似。
真似してくれるのを良い事に、手を開いたり閉じたりする様に グー、チョキ、パーを出したり…
(いまだに、とと。は、じゃんけん。ルールわかってなくて…じゃんけん。しても勝負がつきません)

お手伝いでタオルやハンカチを畳むのをやって貰ったり…最初は、これもヒドイもんでした。グチャグチャだし、時間も手間も掛かって…私一人でやった方が何倍も早く仕事が終わりましたが…。
だけど、やっていくうちに やっぱり上手になるし… 「半分こ。」って言葉を覚えたし。

昼寝は今もしていますが…寝る時間は、少なくても大丈夫になってきたのもこの頃です。

この頃…秋から冬になろうとしていた頃…
もうすぐ幼稚園の願書の交付の時期でした。
まだこの頃は、とと。がちゃんと幼稚園に入園出来るかわからなかった不安な時期でした…。



この続きはまた次回に…。
読んで下さってありがとうございます♪

いちこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2015/03/14 07:41


我が家の4歳の長男、とと。は3歳の時に発達障害と診断されました。

現在、とと。は…4歳7カ月。


今から半年前…
4歳1カ月の時の話です。

3カ月に1度通っている療育センターに受診をして、言葉の成長を誉めて貰えて…ちょっと前から感じていた、とと。の手先の不器用さと言うか…。上手く使えてない感じを相談してアドバイスを貰った所だった。
家庭でも出来る遊びなどに取り入れて、出来るだけ継続的に取り組む様にした。

この頃、とと。は良く歌を唄う事が増えた。ハッキリした口調で、ご機嫌な時に唄ってくれた。
1年前…3歳を過ぎても単語がひとつ、ふたつぐらいしかしゃべれなかったとと。
たった1年で…歌まで唄える様になるなんてっ
本当に…遅いながらも…
ゆっくり、ゆっくり…
とと。のペースで成長をし続けてる…。
そう感じる事が出来て、嬉しかった。

他には、この頃…
泣いている姿を見ては、「大丈夫?」って声を掛けれる様になったし…
「怒ってない?」って聞く事も出てきた…。
自分の気持ちを伝えられる様になっただけじゃなくて、この頃には人の気持ちになって考えられる様になって来ているのがわかった。
とと。が心配してくれて、大丈夫?って聞いてくれる姿が可愛くて…私は、何度か泣き真似をワザとした事もあった。


そんな時…幼稚園に入園するにあたって、もしかしたら必要になるかもしれない療育手帳。(加配の先生を付ける必要がある場合…手帳があった方が有利に働く事が多いそうです。)
以前から手続きして申請していたのが届いた。と言う知らせを受けて…市役所に取りに行きました…。

わかっていた事… 私が手帳を申請したハズなのに… とと。が必要とする事があるかもしれないから。って貰う!!と決めたハズの手帳…
だけど、実際に手元に療育手帳が届くと…ショックで…

療育手帳を受け取った時のブログ
(時間のある方は、一緒に読んで下さい。)

複雑な気持ちでした。


それでも、3歳を過ぎて待っていた言葉の成長を著しく見せてくれたとと。

4歳をすぎたこの頃には、心の成長を見せてくれている…

ナッチョ。が泣いたら…大丈夫?って心配してお兄ちゃんらしい1面を見せたり…
お父さんが仕事から帰宅したら、玄関まで迎えに行き…ご苦労さんっ(なぜか、ちょっと上から目線ですがっ。)って、ねぎらいの言葉を掛けて…鞄をしまってあげたり…
残業の日は、ちゃんと自分で理解してるのかお父さん、来ないよ お父さん、会議ー!!って自分に言い聞かせているみたいにしてたり…
4歳2カ月になるこの頃には、ボチボチ…3語文が出てきた。
3語文にもなると、なかり会話らしくなりますね。

とと。とお話するのが益々楽しくなりました。


今回のお話は、ここまで。
また続きを書きます。読んで下さってありがとうございます♪

いちこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ