2017/06/27 08:38

ベースメイクをする上で、

 

若い時から私が悩んでいたのが頬の赤みでした。

 

赤みを補正するのはグリーンの下地と聞けば試してみたり、

 

カバー力のある肌色の下地を使った方が良いと

 

アドバイスされれば使ってみたりと、

 

試行錯誤を繰り返してきました。

 

さらにチークを入れようものなら、赤みが強調されるだけで、

 

でも、みんなが入れてるから自分も使ってみたり・・・。

 

 

そんな私がたどり着いた現段階でのベースメイクは、

 

あえてピンクの下地を使うことです。

 

グリーンや肌色の下地を使うと、

 

確かに赤みは補正されるけど、

 

午後になると肌色がくすんでくるんですよね。

 

39歳の肌に、くすみはちょっと遠慮したいかなと。

 

 

 

今、使っているKANEBOのグロウプライマーは、

 

ピンクの下地なのですが、

 

上からファンデを重ねても血色感が残るので、

 

肌色が明るく見えて、終日くすみと無縁。

 

内側から輝くような上品なツヤ感も叶えてくれます。

 

この下地の上から、

 

カバー力がありながら透明感とツヤ感も併せ持つ、

 

KANEBOのフルラディアンスファンデーションを

 

薄〜くつけています。

 

そして仕上げに、

 

ルースパウダーを崩れやすいTゾーンにはたくだけ。

 

 

ほんのりピンク色に染まったような頬が透けているので、

 

チークはあえて入れません。

 

下地もファンデもツヤ感があるものを使ってるので、

 

ハイライトも使いません。

 

こうすることで、チークやハイライトの粉っぽさを回避しています。

 

乾燥肌なので、

 

あまり粉ものを重ねたくないという思いもあるんです。

 

服装もカジュアルが多いので、

 

これくらいのナチュラルさが

 

日常のメイクにはちょうど良いかな〜と思っています☆

 

 

頬に赤みが出やすくて悩んでいる方がいたら、

 

ピンク下地でチークレスのメイク、

 

試してみて下さいね♪

 


トミー さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ