2017/07/09 15:40

今日も暑いですね。

 

我が家は、午後から夫と息子が市民プールに出かけました。

 

私は、家でのんびりさせてもらってます。

 

たまには良いよね☆

 

 

最近、日差しが痛いくらいですよね。

 

昨日、新しい日中用の美容乳液を購入しました。

 

今まで使っていたものはSPF50、PA++++だったのですが、

 

今回は、SPF30、PA++++を選びました。

 

理由は、日常使いにSPF50は不要だと判断したからです。

 

SPFって、数値が高いほど良いみたいな認識があったのですが、

 

調べてみると、

 

通常の日常生活においてはSPF30程度で十分のようです。

 

SPF30あれば、10時間程度はUVB波を防いでくれる。

 

UVB波とは、表皮まで届いて、

 

細胞膜を傷つけて、炎症などを引き起こす紫外線のことです。

 

 

一方、PAは、皮膚の真皮に届くUVA波から肌を守ってくれます。

 

UVA波が真皮まで届くと、 シミやシワの原因になるらしく・・・。

 

う〜ん、PAは最強レベルのPA++++が欲しい!

 

 

一般的に、SPFは数値が高くなるほど、

 

肌への負担も大きくなるといわれています。

 

そこで、SPFの数値は30に下げて、

 

PA++++は維持するのがベストだと判断したのです。

 

 

勝手な思い込みを捨てて、

 

取捨選択した情報を元に自分の頭で考える。

 

最近、大事にしていることです。

 

これが、なかなか難しいんだけどね(汗)。

 

 

それにしても、暑いですねぇ。

 

良かったら、水族館で撮影した写真で涼をとってくださいませ♪


トミー さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/07/04 12:09

常々、メークをする上で、

 

朝の保湿が一番大事だと思っている。

 

乾燥すると、皮脂が過剰に分泌してしまい、

 

化粧崩れにもつながるから。

 

夏といえども、エアコンの効いた室内など、

 

乾燥しやすい環境にいることも多い。

 

だからこそ、朝、しっかり保湿をした〜い。

 

けど、保湿を徹底すると、

 

肌がべたべたして、

 

その後のベースメイクがよれることも・・・。

 

 

このジレンマに悩まされてきた私がやっと見つけたのが、

 

ミノンから発売されている「ぷるぷるリペアジェルパック」!

 

ジェル状の美容液なのですが、

 

パック効果があって、

 

潤いを閉じ込めてくれます。

 

しかも、塗った後、べたつかない!

 

朝のベースメイク前に塗れば、

 

まるで、1日中パックをつけているかのように、

 

潤いをキープしてくれます。

 

たっぷり60g入って、

 

お値段も2,000円前後(お店によって売り値が異なるみたい)と、

 

お財布にも優しいんです。

 


 

これを使うようになってから、

 

化粧の持ちが格段に良くなり、

 

化粧直しの回数が減った私。

 

朝の保湿をひと工夫したい方は、

 

良かったら試してみてくださいね☆

 

 

 


トミー さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/06/27 08:38

ベースメイクをする上で、

 

若い時から私が悩んでいたのが頬の赤みでした。

 

赤みを補正するのはグリーンの下地と聞けば試してみたり、

 

カバー力のある肌色の下地を使った方が良いと

 

アドバイスされれば使ってみたりと、

 

試行錯誤を繰り返してきました。

 

さらにチークを入れようものなら、赤みが強調されるだけで、

 

でも、みんなが入れてるから自分も使ってみたり・・・。

 

 

そんな私がたどり着いた現段階でのベースメイクは、

 

あえてピンクの下地を使うことです。

 

グリーンや肌色の下地を使うと、

 

確かに赤みは補正されるけど、

 

午後になると肌色がくすんでくるんですよね。

 

39歳の肌に、くすみはちょっと遠慮したいかなと。

 

 

 

今、使っているKANEBOのグロウプライマーは、

 

ピンクの下地なのですが、

 

上からファンデを重ねても血色感が残るので、

 

肌色が明るく見えて、終日くすみと無縁。

 

内側から輝くような上品なツヤ感も叶えてくれます。

 

この下地の上から、

 

カバー力がありながら透明感とツヤ感も併せ持つ、

 

KANEBOのフルラディアンスファンデーションを

 

薄〜くつけています。

 

そして仕上げに、

 

ルースパウダーを崩れやすいTゾーンにはたくだけ。

 

 

ほんのりピンク色に染まったような頬が透けているので、

 

チークはあえて入れません。

 

下地もファンデもツヤ感があるものを使ってるので、

 

ハイライトも使いません。

 

こうすることで、チークやハイライトの粉っぽさを回避しています。

 

乾燥肌なので、

 

あまり粉ものを重ねたくないという思いもあるんです。

 

服装もカジュアルが多いので、

 

これくらいのナチュラルさが

 

日常のメイクにはちょうど良いかな〜と思っています☆

 

 

頬に赤みが出やすくて悩んでいる方がいたら、

 

ピンク下地でチークレスのメイク、

 

試してみて下さいね♪

 


トミー さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ