2015/09/28 06:17


おはようございます。



昨日は、。十五夜でしたね。


最近テレビも、みていないし、新聞も今取ってないので


よんでないので、


知らなかったです。



お義母さんから、電話あり、


お団子つくったから、とりにおいで、。

と。



とりにいくと、




窓辺の、廊下のとこに、すすき、お花、。お団子、お茶が
おそなえしてありました。


わたし。




今日お月見?!。



と、お義母さんと聞くと。


うん。そうだよ。



と、


私たちのお家のお団子、
庭でとれたコスモスと、すすきが、おいてあり、


これ、ともちゃんとこのだから、もっていってね。


と。




わぁーーーーー。ありがとうございます。


ホント、いつも、お義母さんよくしてくれます。


嬉しいです。


おうちにかえり、ご飯食べた後に。



おうちの、サンルーフに、すすき、
お団子お供えし、。


お月さんを見ながら早速いただきました。

おだんごは、もちろん、

おいしいーーーー。


お義母さんの作った物は、

いつも美味しいです。
食べやすいようにあんこもつけてくれました。



お月さん見ながらお団子食べたことなくて、

はじめて、お月見を、お祝いしました。


でも、こーゆう昔からつたわることは、

りなの、世代にもうけつがれてほしいので、
たいせつにしていきたいです。



昨日は雲が少し多くくものうごきでもやもやー。


とするとこもあったけど、



でも、。お月さんみえましたよ。


ウサギが、おもちついているのかな○‥○○○゜゜゜。

旦那さんと、
十五夜。ってなんでいうの?!かなー。

と話していて、

何で、。お団子たべるの?すすきかざるんかなー。


と話していました。

調べてみました。



十五夜とは、満月という意味。

満月は1年に12回、(うるうどしは1年に13回)
ある。


つきは、満ち、かけ、を
くりかえしていて、
新月から満月まで、約15日かかるそうです。

そこから、満月のことを十五夜というようになった。
そうです。

旧暦の8月15日にあたる満月のひは、そらがすんで、
月が明るく綺麗に見えるということで、十五夜といえば、
旧暦の8月15日を、指すようになったそうです。

この旧暦の8月15日は、毎年かわるので、
十五夜も毎年変わることになります。
今年は、きのうの9月27日が、十五夜です。
お月見は平安時代前からあったといわれているそうです。


いまも、受け継がれている伝統の一つ。


たいせつにしたいですね。

何で、。すすきをかざるの?

すすきは、稲穂の代わりだったそうです。本来は、稲穂が、招く、

依り代((よりしろ)精霊やかみがよりつく物や、場所のことです。)

なのですが、

十五夜の時期は、稲穂の収穫がまにあわず、すすきで、代用することになった。

稲穂に似たすすきをかざることになったそう、
神様をお招きしようとしている。すすきは、きりくちが、鈍いことから魔除けとしての
意味もあるそうです。

つぎは、お団子をお供えする由来は?

この、お団子はしゅうかくへの感謝と、健康、幸福をあらわしている。


お供えした後のお団子をたべることで、健康や幸福がもたらされる
とかんがえています。

また、お供えするお団子の数は十五夜にちなんで、15こが、多いそうです。
各家庭や地域によりちがいがあるそうですが、。


我が家では今年はじめて十五夜のお祝いしましたが、

これからは、毎年十五夜のお祝いしていき、


日本の、伝統を大切にしていきたいです。



長くなりましたが最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。



みずえともみ  さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ