2011/01/12 15:33
クローバー  ご訪問ありがとうございます クローバー








うぐぐっ、困った

腰痛になってしいました。

たぶん、肥えたからやと思います汗

年末年始、食べすぎには注意してたんですけど、

動かなすぎたびっくり

体重計にのったら、2kg増!

そして腰痛。

やせなくちゃ。





リボン     リボン     リボン     リボン






告白。

「私、異常なくらい片付けられないんです。」

あ、なんとなくわかってました?





片付け方がわからない。

めんどくさがり。

自分を、片付けるぞっていう気持ちにできない。






それを主人に責められ、悩む日々がずっと続いていました。

普通の人がさっと出来ることでも、
私には、とても難しいことなんです。

なんでだろう。

きれいな部屋にしたい。
でも、どうしたらいいの?

だったらすればいい。

でもできない。

なんでだろう。






こんなことの繰り返しだけで
いっこうに成長できない自分が嫌になり
落ち込みます。






そんな時に出会った本がこれです。



 『「片付けられない!」「間に合わない!」がなくなる本』司馬理英子 著
        



ADHDタイプという言葉にも、目がいきました。

テレビなどで「片付けられない人にはADHDという障害が原因の人もいる」と聞いたことがあったからです。

ADHDとは日本語では、「注意欠陥・多動性障害」というそうですが、
この本では、障害とまではいかないけれど、そういった脳のくせをもつ人をADHDタイプと呼んでいます。

読めば読むほど自分に当てはまる〜!





例えば、片付けたいのに、散らかってしまう
     
     悪気はないのに、遅刻してしまう
     
     やらなきゃいけないことを、すぐ忘れてしまう
   などなど。







そして、そんな私にピッタリのアドバイスが満載。

読んでとっても救われました。








そして、最後の方にこうありました。

自分を愛するレッスンを始めよう

  小さい女の子をイメージしてください。
  何か失敗して叱られている女の子。
  昔の自分のような。

  その子に何と声をかけますか?

  「また頑張ればいい、きっと上手くいくよ。」

  あなたが小さな女の子に言ってあげられることを、
  今度は、あなたが、あなたにいってあげるのです。

そんなことが書いてありました。






涙がジワーっと出てきました。

出来ない自分が大嫌い。

なのに、そんな自分を愛していいんだ。

やっとわかってもらえた。
そんな風に思えました。

そして、行動してみようと前向きに思えたんです。







片付けだけでなく、ADHDタイプには苦手がいっぱい。

でも、失敗しては落ち込んで・・・ではだめですね。

工夫しながら、
毎度毎度の繰り返し出てくるダメな自分を
前より頑張ってる自分に変えて行きたいと思っています。







私のように、片付けられない具合が人とはちょっと違うって方がもしいたら、
読んでみてほしいな。

きっと楽になれるからキラキラ

(私級の片付けられない人は、そんなにいないか笑顔
ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ