2011/06/07 11:43
クローバー ご訪問ありがとうございます クローバー








こんにちは!ゆきんぴです音符








まずは、今日のお弁当をご紹介。






 6/7(火)

 梅しそチキンロール
 ピーマンとにんじんのキンピラ
 コーン入り炒り卵の巾着
 プチトマト
 キュウリのハム巻き
 ごはん
 大判焼き









梅しそチキンロールは、昨日の夕飯のメインおかず。

鶏ムネ肉を3等分して、それぞれ薄く開き、

しそと梅干をくるくるっと巻いて、フライにしたもの。

フライならムネ肉でもパサつかないし、

彩りもきれいなので、お弁当にもいいですよねまる








ピーマンのキンピラは、長男のお気に入りの弁当おかずです。

でも、ピーマンを切りながら思い出していたんです。

長男の小さいころのこと。

幼稚園の頃かな〜。

ほとんど食べ物の好き嫌いのない長男でしたが、

ピーマンだけは苦手でした。







当時の私は、好き嫌いなく何でも食べる子でないと!

と思って、嫌いな物でも無理やりにでも食べさせていました。

もし、長男が「これ嫌い」なんて言ったら、

倍の量食べさせるくらいの勢いでした。

今思うと、怖い母です。






そんなある日、

イタリアンスパゲッティー(ナポリタンのことです)をした時、

みんな食べ終わって、片付けようとしたら、

息子の周りのテーブルや床に、食べこぼしがいっぱい!

それも、みーんなピーマン!!








いつもなら、子どもの浅知恵に腹が立っていたかもしれませんが、

なんだか笑えてきちゃって笑い

そんなに嫌かと。

食べずに済む方法を、一所懸命考えたんでしょうね〜。

それで、思いついた方法が、

こぼしてしまったことにするってことでしょうね。








叱られる!と思っていた長男は、ほっとした様子でした。

その顔を見て、

何でも好き嫌いなく食べることは大事だけど、

もっと大事なのは、楽しく食事ができることだなって自然に思えてきたんです。








ピーマンが食べれないから、栄養不足になるわけじゃなし。

子どもが気を遣いながら食べるより、

まあピーマンは食べられないけど、

楽しく食事ができたほうがいいと、そう思ったの。








不思議だけど、

今ではピーマンも、もりもり食べれる好き嫌いのない子です。








お子さんの好き嫌いに悩むママ達は、

何とか食べてもらおうと、努力してがんばっていることと思います。

でも、昔の私みたいに、食事の最中に角が生えてしまうようなら、

ごはんは楽しくたべよう!

って伝えたい。

味覚は変わるものだし、

ピリピリした食卓では、好き嫌いも治らないかも。

逆に、楽しい食卓なら、食事もおいしくいただけます。









さあ、今日は何をしようかな。

家族の顔を思いうかべて、メニューを考えようラブ





ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ