2012/02/01 10:38
こんにちは、ゆきんぴです♪






昨日、次男(小4)が学校から帰るなり、

「お母さん、○○君って知っとるやろ。」

と聞いてきました。





その子は、近所に住む中学3年生のお兄ちゃん。





小学生の6年間休まず、

中学生の今も、皆勤賞目指して頑張ってるそうなんですって。

先日の夜、体調を崩したものの、

翌日には元気に学校に行ったとのこと。






そして、次男と同じ喘息の持病がありながら、

がんばっている姿に、

とっても感銘を受けたみたい。






次男は生まれた時から、

小粒で、体が弱い子でした。

大きくなるにつれて、だんだん強くなってきてはいますが、

今まで、学校を休まず1年間通えたことはありません。

親としても、ひどくならないうちに対応したいという思いもあり、

無理しないように休ませていたという部分もありました。







でも、そのお兄ちゃんの話をきいて、

無理しないように休ませていることは、

頑張って学校に行く気持ちを阻害しているのかもしれない


そう思えたんです。






「休まず学校に行くんだ!」

という気持ちをいつも持っていれば、

それはきっと体にも影響していきますよね。







「無理してでも学校へ行け」と言っているのではありません。

次男がお兄ちゃんの話にぐっときた、

自分も休まずに学校に行きたいという思いが芽生えたのをきっかけに、

母親である私も、応援してあげたいんです。







少ししんどそうにしていると、

「大丈夫?おとなししとんなよ。」

「無理せんと。今日は休んどく?」

なんて言ってしまうところを、こらえて・・・。

その分、体調をしっかり観察しておかなければいけませんが。





休まずに学校に行かせることは、

当たり前のことかもしれないけれど、

ほぼ専業主婦で、

子どもが学校を休んでも、特に支障がない私にとっては、

気にすることではありませんでした。






でも、社会に出てからだって、

「休まず行くこと」って大切ですよね。






今頃やっと気づいた

ぼーっとした母親です悲しい

めざせ、これからの皆勤賞!

ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ