2013/05/31 09:13

うちはこないだまで、子どもにお小遣いを与えていませんでした。

必要な時に渡していただけです。

子どもたちからも、欲しいと言われたことがなかったし
それで構わないと思っていました。







でも、困ったことが起きました。






長女が友達と遊ぶ際
お菓子を買いたに行くと言うので、財布を持たせたんです。

渡したお金は210円。

コンビニでお菓子を買っただけなのに、ややこしいことに・・・。







その日、一緒に買い物をしたお友達のお母さんから電話があったんです。

こづかい帳をつけさせているのだけれど、どうも計算が合わないと。
そのお友達が買ったものを教えてほしいと。

それがきっかけで、長女に何を買ったかとか、話を聞くと
なんだかおかしい。

わからんだの忘れただの。





お友達のお母さんには、覚えていることを伝えて電話を終えましたが
話を聞いてると、娘を含め一緒に買い物に行ったみんなのお金の使い方がおかしい
ややこしくなるよな〜ってことをしてるの。





まず、レシートを捨てたこと。

何を買ったか、説明できないもん。
ちなみに、うちの子が買ったものは「するめ」でした
酒飲みか!!






そして、一つのお菓子を二人で食べるからといって、お金を出し合って買ったこと。

105円のするめを、うちが100円・お友達が5円出したらしい。
そんな、5円もらわんでええから、お友達に分けっこしてあげてほしかった





そんな使い方がわかるまで、
ああだこうだと言いわけしたりごまかしたり。

子どもって、正直に言うたらええのにごまかしちゃうんだね。







そんなことがあって、うちもお金の価値や使い方を学ばせなくちゃいけないと反省。

こづかい制にして、子どもに管理させようと思ったんです。






うちの小遣いは、学年×100円+100円/月にすることにしました。

おこづかい帳をつけて、小遣いをもらう前にチェックしてからでないと渡さないことにしました。

他にお金を使う際の約束事も決めました。

使う際には親に伝えること。
(「お菓子を買うからお財布持ってくよ」程度でいいので。)

おごったりおごってもらったりしないこと。

お金を出し合って物を買わないこと。

お菓子や文具以外の、大きな出費は相談してからにすること。

使ったらすぐにおこづかい帳に書くこと。







4月からなので、まだ試行錯誤の途中ですが、
小2の三男には、いい結果が出ています。

それは、欲しいものに対して我慢が出来るようになったことです。

おもちゃ付きのお菓子が欲しいと、よく拗ねていた三男なんですが、
(高いから、めったに買ってあげないの)

「小遣いで買ってもいいよ。でも、月に300円なんやでよーく考えてね」
と言うと、じっと考えてから

「やめとくわ」

拗ねてるわけじゃなく、納得しての「やめとく」でした。

お金の価値、物の価値について考えるいいきっかけになったようです。






今後もいろんな問題が出てくるかもしれません。

そのつど考えなおす必要も出てくることでしょう。

そのたび話し合って、私も子どもとともに成長させてもらおうと思います。





最後に。

うちの場合は、使うお金はすべてお父さんが仕事して稼いできてくれたお金。

感謝する気持ちも育みたいな







にほんブログ村
応援クリックお願いします!
ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ