2012/01/19 04:04


星ご訪問ありがとうございます星




もうスグ大寒(1月21日)。

1年で1番寒い時期ですね雪



今日は私の好きな栄養学について
少し書かかせて頂きますすいません



よく、「冬太り」といい
食欲が旺盛になる秋〜冬にかけては
体重増加の傾向があるようです貯金箱


しかし本来、寒い冬は
寒さをしのぐため、
体内でエネルギーがたくさん消費されるので
暑い夏よりも基礎的な消費カロリーは高め。



ではなぜ太りやすいのかはてな


それは、あっさりしたものを好みがちな
暑い時期に比べて、寒い時期は
コッテリしたものを好みがちだからラーメン ドーナツ オムライス
体に脂肪を蓄えて温めようとする
自然の摂理ともいう・・・?




又、寒い時期はどうしても
動くのが面倒になりがちで
運動不足も一つの要因汗
室内でヨガやストレッチなどをするだけでも
案外体がシャキッとして気持ちのいいものです。
実はヨガ好きのワタシにっこり




そこで
<冬にオススメな栄養の摂りかた>


クローバーその1 体を温める食材を使う
生姜・ニンニク・トウガラシなどのスパイスの活用


クローバーその2 旬の食材を使う
根菜や果物・旬の魚etcにはその季節に食べる「意味」があります
冬が旬の根菜には体を温める作用があリますが、
夏野菜には体を冷やす作用がある・・・など。
ただし、冬野菜の大根や白菜は加熱して食べれば体を温めますが
生食だと体を冷やす効果のある物もびっくり

「産地」を考えるのも食品の「温」「冷」の判断に有効です星
例えば、暑い場所で摂れる砂糖(とうきび)は体を冷やす作用がある。
北の地域で消費の多い、漬物などは塩に体を温める作用があるから。
暑い地方で摂れるマンゴーは体を冷やすけど、
寒い地方で捕れる鮭は体を温める作用がある・・・etc




クローバーその3 たんぱく質をしっかり摂る
特に豚肉にはB1・B2糖質をエネルギー有効に変えてくれる成分が豊富びっくり
また、タンパク質は筋肉を作ったり造血作用があり
熱を発しやすい体を作ってくれるそうです力こぶ





オススメメニューの例


餃子

挽肉は赤身90%位のの脂肪分の
少ない部位を使うのがポイントびっくり

赤身の薄切り肉を包丁で叩いて
自分で挽肉をつくってもGOODドキドキ小

たっぷり生姜&ニンニクを使います星







生姜焼き

油分の少ない、赤身を使う星
仕上げに少量のごま油で風味付けをドキドキ小


このメニューもおろしニンニク&生姜を
漬けこみダレにたっぷり使います星






白菜と挽肉の重ね煮

挽肉は脂肪分が少ないものをチョイス。
豚挽きでも合挽きでもOKびっくり

煮た後に冷蔵庫で冷まし、
固まった白い脂分を取り除くと
さらにカロリーダウンできます鐘

薄味をカバーするため、鷹の爪を一緒に煮込むとおしいですョ炎






薄切りもも肉のミルフィーユカツ風

脂分のすくな薄切りモモ肉を
重ねると空気の層ができて
お肉は少なくてもボリュームある仕上がりにまる

フライ衣はパン粉をサラダ油で軽く合えたものをまぶし
オーブンで揚げ焼き風に調理することで
脂分をカットしていますはさみ


下味におろしニンニクを加えると、
赤身のサッパリ感にコクがプラスされますドキドキ小






野菜たっぷりハヤシルーかけハンバーグ

赤身の挽肉を使ったハンバーグ。
やや小さめに作り、刻んだたっぷり野菜を
少量のハヤシライスルーとケチャップで作った
特製ソースをかけてボリュームをカバーカレーライス





ちょっと変わったハヤシライス

写真では一見フツーのハヤシライスですが・・・

赤身肉を使っていることと、
4人分にしてタマネギ3個分+人参1本の野菜が
刻んでルーン中に入っています。
ルーは脂分が多く含まれているので
1かけ減らし、ケチャップ+ソースで
味に深みを出しています。


ご飯には刻んだ白滝を入れて炊飯ごはん
1品ものはご飯の量が
コントロールしにくいものですが
白滝でかさまししているので
比較的安心ですまる






毎日の食材の選択や調理方法の
ちょっとした工夫で効果的なダイエット虹

よかったら取り入れてみてくださいネにっこり










最後まで読んでいただき
ありがとうございましたドキドキ小
ゆーりん。さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ