2010/05/18 05:59
ご訪問ありがとうございます花

ゴールデンウィーク頃から、日差しが随分強くなってきました太陽キラキラ
暑くて湿度の高い日本の夏をいかに快適に過ごすかはてな
毎年、この課題に頭を悩ませます。
ひさしがどこにもないので、太陽の光も熱も防げない我が家家

築10数年の戸建てなのですが、なにぶんにも勉強不足で建てたので、住み始めてから「ココ失敗したね〜悲しい汗」と、いうところがいくつもあります。

間取りやインテリアは工夫次第である程度は改善できるのですが、
暑さ&寒さ…これには戸建ての現状の厳しさをひしひしと感じます。
夏は効率よく冷やすために1部屋をエアコンで涼しくしても、廊下に出た途端ム〜ンとした暑さ汗
冬は行く部屋ごとに寒い雪(朝、北側のガラス窓が凍って開かないコトも悲しい

寒い冬にはサッシに隙間テープを挟んだり、床から30cmの高さまで裾よけのようなカーテンを作ってかけて下からの隙間風を遮断アウト
アルミシートもフローリングとカーペットの間に敷いたり、お風呂のお湯が冷めないようにかけたり…と、大活躍でした鐘



そして、今年もまもなく夏びっくり到来すいか
気の早い私は、暑くなったGWと同時に対策を考え始めました。

昨年までは簾(すだれ)を吊るしたり、雨戸やカーテンを半分閉めたりして日差しをカットしていたのですが、それでもどうにも暑くて炎
(じっとしているだけでも汗が止まらない汗


簾は窓の内側につけるより、外側からつるした方が太陽熱が室内に入り込まないため効果的キラキラという本の記事を読んで、今年は外に吊るすことができる1階の部屋だけは外に吊るしました。
(物干し竿にすだれをくくりつけました笑顔

2階の部屋は外に吊るせないので、仕方なく室内に吊るしました。
でも、今年はもう一工夫鐘
冬の間、裾除けの役目をしていたカーテンを窓の上につけて、日差しをちょっぴりカットしてみました。
(夏は太陽の位置が高いので、窓の上の方にカーテンをつけるとちょっぴり日差しが防げるのです音符
この手作りカーテンは、100円ショップで買った突っ張り棒+100円ショップで買ったカフェカーテン(又は短めののれん)を2〜3枚つなげて簡単に作ることができます)



要らなくなったカーテンをリメイクし、突っ張り棒にかけただけの簡単のれん

カーテンのあまり生地をつなぎ合わせ、突っ張り棒に通しただけの簡単ミニカーテン。
長男の部屋には、100均ののれんを3枚つなぎあわせてこのタイプのミニカーテンに。



夏も冬もミニカーテンの高さを変えるだけなので、シーズンオフに収納に困ることもナシOK(のれんはしまいますが汗

季節ごとに出したりしまったりする手間がかからないことと、夏と冬の2パターンを用意しなくていいので経済的な点に満足の私笑顔
そして、窓に1つも網戸が付いていない我が家にとって、このすだれは蚊が入ってくるのを防ぐ役割も果たしてくれているのです拍手
(家を建てる時に、予算がギリギリだったことと、私が網戸の掃除がメンドーだからつけたくないと言い張ったのですすいません

今年の夏はいくらか涼しく過ごせるかな〜と少し期待しています笑い

ゆーりん。さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ