2012/03/11 23:03
東日本大震災から一年。

被災された方々の気持ちは計り知れません。

震災後しばらくしてようやく連絡が取れた友達がいます。

一年たった今もいろいろな思いを抱えて生活していて。

日々の生活。

原発の問題。

心のダメージ。

変わったこともあれば変わらないこともある。

解決しなければならない問題はまだまだ山積み。



毎日が当たり前ではなく有り難い日々だということ、

日々感謝をし一日一日を大切に生きるということ、

出来る範囲で支援したり備蓄を見直したり、

自分が今できることをして、

復興への想いや震災の恐ろしさを風化させてはいけない…と、

改めて思った一日でした。



少しでも早い復興を願って。

たくさんの笑顔を願って。
トムトムさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2011/03/23 11:58
こんにちは。
トムトムです。


娘が胃腸風邪になりました。
突然の嘔吐から始まり、発熱、下痢、鼻水、咳と・・・フルコースでした。
今はもうだいぶ元気になってきました。
まだまだ流行ってるようなので皆さんも気をつけてくださいね。
胃腸風邪は感染力が強いのでまだしばらくは家にひきこもります。


被災地の方でもインフルエンザになった方もいるとニュースで聞き心配です。
たくさんの方が避難されているからうつったら大変ですし。
どうか流行りませんように。。。


さて、我が家の米が残り少なくなってきました。
スーパーにも行けないし、行ったところで米はないだろうし。
しかも米だけじゃなくて小麦粉やパスタなんかも品薄なんですよね。


なので電球
ごはんを炊くとき、お粥にすることに。
毎回じゃないんですが。


お粥にするとけっこう量が増えるんですよねウインク
炊いたお粥にふりかけをかけて(混ぜて?)食べたり、炊くときにめんつゆときのこ類などを入れて雑炊っぽくしたり。


出来ることは人それぞれ違う。
自衛隊や医師など現地で頑張っている方、
多額の募金をする方、
ボランティアに参加する方、
今はとにかく自分に出来ることをする。
自分のしていることがどんなに微力なことで小さな力でも、たくさんの方の力と合わされば大きな力に変わるから。
みんなそれぞれ出来ることは違っても被災地の方々を想う気持ちはみんな同じキラキラ

そして、今一度、防災について家族と話し合うことも大事かなと思います。
私が住んでいる静岡県はいつか大きな地震が必ずくるといわれている地域です。
(地震保険が全国一、割高な県!)
生まれも育ちも静岡県だから小さい頃からそういう話はよく聞いてきたし、防災訓練にも参加してきました。
しかし・・・
よく考えたら避難対策なんて何もしていなかったし、避難する場所すら知らない状態でした。
なので、今あるもので少し避難対策をすることにしました。


★寝る時に枕元に置くようになったもの★


懐中電灯・防寒の上着&靴下・メガネ


*財布(現金・身分証明書・保険証)
*携帯電話
*母子手帳
*通帳・印鑑
*市民カード
*年金手帳
*家族写真
*生命保険や自動車保険など各種保険の一覧表・・・保険証券の番号や連絡先などを1枚の紙にまとめたもの
*各種公共料金の一覧表・・・こちらもお客様番号や連絡先などを1枚の紙にまとめたもの
これらをひとつのバックに入れて。


★もし余裕があったら持って行く物として準備したもの★


これは別の部屋に普通に置いてあるだけです。


*オムツ数枚
*お尻ふき1つ
*フリースのひざかけ3枚
*レジャーシート
*レインコート
*絆創膏・マキロン(2つともかなり昔のものなので使えるかどうか微妙ですが・・・)
*コットン数枚
*生理用ナプキン
*ラップ
*歯磨き粉・歯ブラシ
*カイロ
*マスク
*ビニール袋数枚
*ハンドタオル5枚
*ラジオつき懐中電灯(引越しの準備してたら出てきました!)
*軍手
*充電器(夫婦揃って同じ携帯なので普段はひとつあればいいのでひとつは避難用持ち物に。)
*マッチ(かなり前のものなので湿気てそうなので使えるかどうか微妙ですが・・・)
*ティッシュ(トイレロール2つ)
*水2リットル×1本
*非常食として魚肉ソーセージとお菓子を数個


被災地に物資が行き渡るようになり、スーパーなども普段の品揃えに戻りだいぶ落ち着いた頃に買いたい物。


*非常用充電器
*電池
*笛(もしも生き埋めになった時に吹くと気付いてもらえる確立が上がるらしいので・・・)
*非常食(カンパンとか日持ちするようなもの。)


避難対策の持ち物リストなんかを見てみると、他にも必要なものはいろいろありましたが、たくさん準備しても持ちきれないと思うので最低限で考えてみました。


普通に生活できていること。
元気に過ごせていること。
何気ない当たり前の生活ですが全てのことに感謝・・・クローバー
トムトムさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2011/03/18 10:00
久しぶりのブログです。

お休みしようと思っていたわけではなく、地震が起きてからブログに何を書いたらいいのか分かず書けなかったという感じです。

いろいろな情報を自分で判断することは難しく間違った情報を発信してはいけないし・・・と思いましたし、
被災していない私がいろいろ書いても・・・という気持ちもありましたし。



私が住んでいる地域はほんの少しの揺れでした。

計画停電の対象の地域でもありません・・・。

それでもスーパーでは一部買占めをしている人がいて、米・トイレペーパー・ティッシュ・水などは売り切れです。

うちは元々食品も日用品もストックをほとんど持ちません。

なのでオムツを買いにいったところパンツのLサイズは売り切れてて。

焦ってしまいました。

(でも2店舗目で1パック買えました。)

日々生活していく為に買い物は必要だと思いますが、

トイレのペーパーを大量に買い込む方(カートにのりきらずお子さん2人にも持たせるぐらい買い込んでいて)
洗剤なども大量に買い込んでいる方もいてちょっと異様な光景でした。

洗剤ってそんなに必要ですか?

必要じゃないですよね。

何でもかんでもとりあえず買っておこう・・・という感じがして「えっ?」って思ってしまいました。

本当に欲しい方に届かなくなってしまいますよね。

こういうときこそ助け合っていかなくてはいけないのに、自分さえ良ければいい・・・という感じがしてしまい「何だかなぁ・・・。」と思ってしまいました。

こういう状況なのに
募金詐欺、救援物資の詐欺
カセットコンロを買い占めてオークションで売る
というようなことをしている人もいるようで本当に腹が立ちます。

いろいろな募金方法がありますが、うちはスーパーに設置された募金箱が安心かな?と思い、スーパーの募金箱に募金してきました。

本当に少額ですが・・・。




被災地では・・・

避難している方々は給水や配給に何時間も並び、少ない食料をみんなで分け合っている。

とても寒い中で夜も眠れず頑張っている。

一部地域では物資が届き始めているようですがまだまだ十分に届かない地域の方が多いようですね・・・。

物資が近くまではきているのにガソリンがなくて被災者の手元までは届けられない・・・という地域もあるようですし。

なんとか家で生活できる方々はガソリンがなくてどこにも行けないとか、お金があっても何も買えないとか・・・。




同じ日本でそういう生活をしていらっしゃる方々もいるのに、

非被災地の私達は、
3食ご飯を食べて温かいお風呂に入って布団で寝る・・・
という、いつもと変わらぬ生活をしていていいんだろうか・・・と思っていました。

先日、静岡県東部を震源とする地震が起きました。

それから怖くてびくびくしていましたが、被災地ではもっと大きな余震がずっと続いているのに・・・と思うと自分が情けなくなりました。




そんな中、とある記事を見ました。

被災した方からのメッセージです。

日本全国いつどこで被災するのか分かりません。

今回は私達が被災しました。

明日はあなたが被災するかもしれませし、今あなたが出来ることはいたずらにさわがず落ち着いて普段の生活をすること。




このメッセージを見て、

1日1日感謝する気持ちを忘れず普段通りの生活をすること

今自分ができることをすること


が大切なんだな・・・と思いました。

非被災地の私達が普段通りの生活をしないと経済も回りませんよね。

経済が回らなければ日本は復興しませんし。




私達に今できること・・・

1、被災地に支援物資が無事に届くように、食料品や水、ガソリン・灯油などの買い占めをしない事。
2、チェーンメール等に惑わされずにチェーンメール等の拡散に協力しない事。
3、被災地からは離れていても、計画停電の地域でなくても、同じ日本人として節電、節水に協力する事。
4、今だけでなく、長期にわたって被災者のことを想い、支援を続ける事。(募金や節水&節電など)

一人一人の力は小さくてもたくさんの人が力を合わせれば大きな力になりますよね。



被災した方々・・・

もうすでに限界以上に頑張っている状況だと思いますので、頑張ってくださいとは言いません。

これから長く苦難の道のりがあるかと思いますが、たくさんの方が思いをこめて精一杯応援してくれています。

なので一緒に乗り越えていきましょう。

まだ余震の続くなか、心の安まる場所はないかと思いますが、一刻も早くあらゆる物資と希望が届く事を願っています。







今思っていることをズラズラと書いてしまいまとまりのない文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとございます。

人それぞれいろいろな考えがあると思いますので、もしこの記事を読んで不快な気持ちになった方がいたら申し訳ありません。

トムトムさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ