2017/11/25 00:00




約15年前
雑誌「サンキュ!」さんに
私が掲載していただき始めたころ

一般的に
節約
辛くて苦しいもの
貧乏臭いもの
という雰囲気だったらしいたらーっ(汗)

「だったらしい」というのは
私自身は
あまりそう感じたことはなく
実家で祖母がしていたことを 
そのまましたという感じ

葉.JPG

祖母自身
私が生まれた時には
すでに美容室の経営者でしたし
投資でも才能を発揮していましたから
節約をする必要はなかったと思います

でも 
祖母から見てとれる姿勢は
*使えるものは 
 最後まで大切に使う
*無駄は省いて必要なことに使う
*代用できるものは代用する
*知恵を有効に発揮する
*作ることができるものは
 自分の手で作る
……でした

新婚当初 
節約をする必要があるから 
私はしたのですが

必要に迫られた
+(プラス)
実験や発見のある
趣味のようなでもありました

楽しかったのですグッド(上向き矢印)

赤.JPG

それにね
実家の家訓のいくつかが
私を戒めていたのかも

『自分の甲羅(年齢・立場)
に 合わせた
穴を掘りなさい
穴を大きくすると
自分で落ちる(身を滅ぼす)
ことになるから』

『一度上げた生活レベルを
落とすことは至難の業』

『99円あったら1円を足し
100円にして貯金をしましょう
1円の価値を知らぬものは
1円に泣く』

色々と 言い伝え?
みたいなものがありました

だから 先を見据えて
節約と貯蓄をするには
「貯まった〜グッド(上向き矢印) 
思い切って使う〜」は
私は違うかなって

貯めて 
貯めて 
貯めて

身の丈に合った使い方をする

それでも
必要不可欠な時には
大金が勝手に出て行くし
(子どもたちの学費とか)

震災の時のように
使わないといけない時期が
こちらの予想とは別に
来るものなのでしょう

ってなことを
生きている間に教えてくれた
祖母には感謝の気持ちです

勉強を教えてくれる場所はあっても
人間関係
親業
貯蓄や保険について
教えてもらう場所は
なかなかないですからね♡

きぎ.JPG

こうして書いていて
ふと 思いました

私 
祖母のプラスの面に
目が行くようになったな〜って目

それだけ 年月が過ぎ
自分の辛さが
時間と共に
うまく流れている
……ということなのでしょう

祖母は祖母のままなのに
認知症でいたあの10年は
こういう事よりも
現実に引っ張れていたなふらふら

亡くなって 
どれだけ経ったんだっけ?

ん〜 約4年半

よくね 辛さを乗り越えるには
5年はかかるって
聞いたことがあります
(根拠はないみたいだけど)

ホントだ……

年月ってありがたいですね
イヤなことは薄れていく

今 親や 夫 子どもと
うまく行かない人たちは
目の前にトラブルの根源があるんだもの
その人を良いい方向に”見ることは
難しいかもしれない

でも 年月は過ぎ去るし
気持ちも 変わる時が
来るかもしれないから

みなさんも
そうであることを願っていますかわいい

オレンジ.JPG

本当は 
『節約に興味を持つのは
主婦だけじゃなかった』
っていう内容について
書こうと思ったのだけれど
思いのまま書いたら
内容が途中で変わっちゃったから
それは 次回に持ち越そうっと

♡ ハート(トランプ) ♡


〜お知らせ〜

若松の プチアイデアを
動画でご覧いただけるようになりました
『Soeasy』
という アプリの中の
新着からご覧くださいませ

慣れておらず
少々照れもあるのですが
私にとっての当たり前が
当たり前とは限らない

主婦にとっての当たり前が
家事をあまりしない人にとっては
珍しいことかもしれない

ましてや日本人にとっての
当たり前が海外の人にしてみたら
「え〜〜〜」って
新鮮なことだったりもして

私もこちらの他の方の動画を見て
なるほどね〜と勉強しています
単に楽しい
いっぱいありますよ☆

なお こちらの動画は
「サンキュ!」さんとは
一切関係がありませんので
ご了承くださいませ



若松美穂さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)
カズさん

本当に年月が経つのは早いですね。

子どもは親のいう事、聞かないです。
わが家も同じく(*^_^*)
カズさんのおっしゃる通りです〜♡

ブログを長く観てていただき、
本当にありがとうございます。
by 若松美穂 2017/11/25
プリンさん

『一緒に暮らした日々を恨むこともできる。
後悔することもできる。でも、やっぱり感謝です』

どの気持ちを選択するのかも、
その人次第ですものね。

さすが!!プリンさん。
私の尊敬できる人♡
by 若松美穂 2017/11/25
美穂さんの今日のブログで
主婦として気合い入れ直しました。
美穂さんのおばあ様と同じ時期に姑を見送りました。
気持ちの変化……とてもよくわかります。
一緒に暮らした日々を恨むこともできる。
後悔することもできる。でも、やっぱり感謝です。
そういう気持ちになれます。
里の祖母に縫ってもらった着物に姑の帯をしめる。
幸せ、じわじわ全身に感じます。

by プリン 2017/11/25
もう、四年も過ぎたのですね。美穂さんのブログ何年もみていますが、もうそんなにたったのかー。と改めて思いました。

おばあさま、本当に素敵なかたですね。言葉ってやっぱり力がありますね。でも、美穂さんも今は個人で経営ですよね。すごいな!素晴らしい女性たちだな!お母様も含めて。と思います。(^.^)

私は、大事なことをぎゅっとしぼって伝えるのが下手で、いつも子供たちに呆れられてしまいます、。特に思春期の娘には響かないらしい(>_<)まぁ、そんなもんですよね。笑

あと、失敗から学ぶこともありますしね、子供たちに失敗から学ぶ大切さも学んでほしいですね。勿論私も。笑


by カズ 2017/11/25