2018/07/10 00:50



人生には
様々なことが起きて

時に 

自分が
起こしたわけでもないのに

トラブルに巻き込まれ

なぜ自分が

彼らが……
と 
思う


もうやだ〜(悲しい顔)


同じ日本なのに

いつもと同じく
過ごすことができる場所があり


生きること
日々過ごすことが
簡単ではないところがあり

戸惑いますね


***


今日
娘に話したのです


TVを観ているとTV


家のベランダから
タオルを回し
SOSを出す人

『○○人
フード(が必要)』
という文字を
映し出す映像

それを見るたび

『映す暇があるなら
一人運んであげてください』

思った自分のことを

『なんでもいい
食べ物や飲み物を
その場に落としてあげてください』

願ったときの気持ちを

ただ
今思えば……
(無理だった)
ということもあり





「あの時は
そう思った
ママがいたのよ」

うん・うん

聴く娘



ピンクバラ.JPG


結論なんてない

わかっていても
言いたいことがある

ありがとう
聴いてくれて……












若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)
美弥子さん

事が起きると、今までが
どれだけ便利に、安全に暮らせていたのか、
わかりますよね。

今がありがたいです。

tomo☆さん

石巻の叔母が、何度も言っていました。

「あの時には、どの人も辛かったのよ」

そうなんですよね。

皆がその時、できることをしたんですよね。
本当に見ていて胸が痛くなるような光景ばかりですよね。
東北の震災時に取材に行ったアナウンサーの方の手記を読んだことがありますが、何もしてあげられないもどかしさがつらかったそうです。
どうにもならないことでも、人に聞いてもらうだけで気持ちが楽になることってありますよね。
 美穂さん おはようございます♪

 数日続いた雨が上がり いい天気になり あーやっとお天道様が見えた!嬉しい!と思ったのに・・・
 気温がどんどん上がると 暑すぎるーなんて不平を言う。何て勝手なんだろう?と自分に突っ込みました。

 テレビから流れてくる映像を悲しい気持ちで見ています。
報道の人たちも仕事だから 現地入りする。
 現地に入るなら 何か持って行ってあげられないかとも思う。
 私も美穂さんと同じ様に カメラで映してるのなら 何か出来る事があるんじゃない?と思ってしまう。
 不可能な事もあるだろうけど・・・

 先月起きた地震、そして 大雨。
電車が遅れたくらいの影響しか無かったけど、全ての電車が止まった時、一時的に何も出来なくなった自分が居ました。
 普段から 色んな対策をとっておかないといけないなーと痛感しました。