2019/02/18 08:54



今日は
二女の最後のお弁当でしたレストラン

高校3年生は
3学期にもなると
あまり授業もないのですが

二女は
何か
学校で講座を取っているらしく
今日まで必要でした


最後のお弁当.JPG

いつも通り
普通のお弁当

早起きも
もう必要ないんだな晴れ


***


昨晩は
夫の誕生日プレゼントにと

長女が料理

でも
私にとっては
私へのご褒美のような
( *´艸`)

Kハンバーグ.jpg

何かを
見ながら作ったようですが

このハンバーグ
大きくて
食べがいがあり

さらに
ソースが
さっぱりして
すっごく美味しかったるんるん

kサラダ.JPG

マッシュルームと
リンゴのサラダは
パパ作

kハンバーグ2.jpg

一緒に
チョコレートケーキも
作ってくれて

kケーキ.jpg

今日の
二女のお弁当にも
添えました

**

私は
料理より
片付け係が好きぴかぴか(新しい)




若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/02/17 19:09



母と私
仲は悪くないです

母は 
私の何倍も
思いやりがある人ですしプレゼント

接客業でしたから

相手にとって
良いと思うことを
いつも考えてくれています

娘たちは
いつも
彼女(祖母)の愛を
感じていると
言葉に出して伝えてくれます


ぴかぴか(新しい)


出かけたり
くだらない話をしたり喫茶店

一緒に居るのが
苦ではありません揺れるハート


でも

長い時間一緒に居れば

母も私に
イヤだと思うことが
あるでしょうし

私もあります





私は
もう大人で猫

母の言うことを
きく必要はないので

今は
イヤなことはイヤだと
伝えるようにしてますひらめき


「それはやめて」

「ちょっと苦手」

「今のは
お母さんの考えで
私の考えではないから
私はしない(したくない)」
……というように



例えば

母は頑張り屋です手(グー)

だからこそ

震災で家
家・仕事・夫を
失った後でも


さいたまという
新しい場所で

10個も習い事をしてメモ

仲間を増やし

自分の生活を
豊かにする
努力を欠かしません

それは
とても素晴らしいことグッド(上向き矢印)


素晴らしいのだけれど


私や 孫にも
目標設定を提示したりかわいい

一つの
大きなWことWが終わると
次に
『何をしようと思っているのか』
聞いてきたりします

多分 
これまで店を背負って
頑張ってきた
彼女にとっては
当たり前のこと

加えて 無意識

悪気は一切ない


でも 

私は
『休み』や『ゆっくり』

許されないような気がして

辛いなと感じたり
疲れたりする

ふらふら

そういう
ゆる〜い自分がいることに
ある時
気がついたのです


だから今は
言葉で伝えます


「今は
終わったばかりだから
しばらく
次はいいんじゃない?」


とか

「それは
本人が決めるから
少し
ほっといてあげて」


「今の私は
次について考えられない」


というように


**


あくまでも
わが家の場合ですが

母は
「そっか」
「そうなんだ目
という感じ

言われた瞬間は
イヤな気持ちも
あると思うのですが

結果
受け入れてくれることに
〜ありがとう〜

思っておりますハート

とらんぷ.JPG


家族で
トランプの夜夜




若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/02/16 15:12



5年ほど前

『サンキュ!』さんの
取材

臨床心理学の教授に
お話を伺ったことがあります


が 
テーマで

「母からの支配」
「娘を困らせる母親」
「母と会うのが辛い・許せない」
「母と距離をおくことへ罪悪感」
「子育ての連鎖はある?」
など
たくさんお話いただきました

当時の私より

今の方が
理解できることもあり

内容のメモを
再度まとめてみようと
読みすすめていくと

『女性の足を引っ張るのは女性』
という文字が

「えっ?
そうなんですか?」

質問した覚えがありますし

自分でも かなり
気になったのでしょう

四角く囲ってありました
(^^ゞ



親子間で言えば

子どもが幸せになることや
活躍することなどかわいい

母親の喜びに
なるだろうことが

満たされていない
母親の目線からすると
「自分はそうできなかった」
「私は我慢したのに」
「あなたばっかり」

その道を邪魔したり
反対したりする場合も

反対
有意義なものもありますので
反対すべてが悪いわけでは
ないのですが
根底にある
思いや理由が……ね)


ふと
そういえば
別の講座でも

『女性の足を引っ張るのは女性』


耳にしたことがあり

「あれっ?
どこかで聞いたな〜」

思っていたのです



家庭だけではなく
社会でも
いえることなのかな

引っ張られる側
ならまだしも

引っ張る側には
ならないように
したいな〜と
思ったのでした

hottowainn.JPG

ちょっと甘め
フルーティな香りがする
ホットワイン
めちゃおいしかったバー



若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ