2017/05/20 07:17

賢くなったと言っていいのかどうかわからないけれど、最近よく知恵がまわるようになってきた息子。

我が家は息子にいたずらされまいと、大事な本などは全て本棚の上段に上げてあるのですが。

何かを台にして取ろうと、様々な策略をめぐらすのです。

それでも洗面所の踏み台を持ってきたくらいでは取れまいと高をくくり、油断していた私が馬鹿でございました。

それよりずっと高い台になるものが、我が家にはあったのです。

IMG_20170519_164928.jpg

こちらの3連になっている衣類収納ボックス、高さが1メートルを超え安定感もばっちり。

まさに踏み台にしてくれと言わんばかりの状態です。

夫が専用のタンスを持っていないので、こういったプラスチックのケースをいくつか利用して夫の服をしまってあります。

上から見て、肌着、靴下やハンカチなどの小物、ワイシャツという配置。

もういっそ、こちらのケースを処分して別のものに入れ替えた方がいいのではないかしらん。

夫も本を取られるのに辟易していた様子で、「これ捨てた方がいいな」とつぶやきだしましたし。

そこで息子が幼稚園に行っている間にトレッサ横浜内にある無印良品で、こちらを買いました。

IMG_20170519_165540.jpg

ワイヤーバスケット、幅37×奥行26×高さ18センチの商品です。

1つあたり税込2,600円でした。

こちらに肌着と小物を入れると、驚くほどコンパクトになりました。

IMG_20170519_214806.jpg

とりあえず、我が家の狭いウォークインクローゼットの中に置いてあります。

どうだ、これで踏み台にはできまい…。

下段に入れていたワイシャツは、開き直ってハンガーにかけ吊るし収納にしました。

これでワイシャツをたたむ手間が減って助かると、ひそかに思っているずぼら主婦なのでありました。

danngoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)