ユージ家には洗濯にルールがある!〜「かっこいいうちパパになりたい!」5月号撮影裏話〜

  • 口コミサンキュ!編集部 “うちパパ!”担当さん
  • 2017/04/12 10:00
_DSC4142.jpg
みなさま、こんにちは。
本誌5月号から始まった「ユージさんのかっこいいうちパパになりたい!」
連載担当より、撮影裏話をお届けいたします。
本誌には登場しなかったお宝画像も多めでいっちゃいますよ〜。
まず、ユージさんのプロフィールをご紹介しますね。

元々ファッション誌のモデルを経て、俳優・タレントとしてテレビ、舞台で活躍中なのはみなさまのご存知のとおり。
NHK Eテレ「すイエんサー」、CBC「ゴゴスマ」などのテレビ番組のレギュラーでもあります。
そしてプライベートでは3児の父親として育児に奮闘する毎日を送り、なんと昨年にはベストファーザー賞、イクメン・オブ・ザ・イヤーをW受賞した、子ぼんのうパパなのです!



5月号のテーマは「洗濯」
さすがファッション誌モデルだっただけあって、洗濯物を見るポーズも決まっています
 

実際のユージ家では?

「うちは妻が洗濯担当ですね。衣類によって洗剤や柔軟剤にこだわりがあるらしく、何種類も使い分けていて、僕が手を出せないジャンル。しかも、僕と息子の男性陣と妻と娘の女性陣とでも香りを分けているみたい。それに子どもが3人いて、下はまだ小さいから、洗濯機は1日何度もフル回転。ますます僕が担当するのは難しくて、すっかり任せちゃってるんです」(ユージさん)
 _DSC4190.jpg

そしてユージさんのおうちは、ドラム式で洗濯から乾燥まで一気に終わらせてしまうのだそう。

「乾燥機にかけてほしくないものは床に置いておくっていうのがわが家のルール。やっぱり乾燥機にかけてしまうとシワシワになるものもありますよね。妻は極力アイロンをかけたくないタイプ。僕はTシャツでもササっとアイロンをかけたいタイプなので、自分でやっています。それにたたむのも各自の担当。」(ユージさん)



ユージさんが忙しくてできないときは、息子さんが黙ってたたんでくれることも多いのだとか!優しい〜

「洗濯物がたまたま乾燥機に入れてシワシワになっちゃっても、僕は文句を言わないですね。やっぱり、妻でも夫でも、やってもらったら文句は言わないこと。感謝の気持ちを常に忘れてはいけないと思います」(ユージさん)

うーん、「うちパパ」を作るために、妻も夫に家事をしてもらったらダメ出ししないように気をつけたいですねexclamation×2


次回の『サンキュ!』6月号の連載では、「カビ取り」を予定しています。
お楽しみに〜♪

PAGE TOP