1. トップ
  2. ビューティ
  3. カラー別!爽やかさを失わない夏の羽織りコーデ

カラー別!爽やかさを失わない夏の羽織りコーデ

2018/07/22【 ビューティー 】

CONTENTS

暑い夏、強い日差しや室内の冷房に参っている人も多いのではないでしょうか。そんなとき役立つのが「羽織りもの」。白・黒・ベージュの羽織を使用した、爽やかさを失わない夏の羽織りコーデにトライしてみませんか?

ベージュの羽織

着る人を柔らかい印象に見せてくれる「ベージュ」。女性らしさを出しつつ、清潔感のある爽やかな印象も残せます。

長めのカーディガンは素材を選んで爽やかキープ

出典:ZOZOTOWN

白のキャミソールにデニムという定番の着こなしにTODAYFULのカーディガンを加えれば、一気にオシャレ度がUPしますね。くるぶしまである長めのカーディガンも、明るいベージュと薄手の軽やかな素材で爽やかさをキープ。

涼しげワントーンコーデにメリハリをプラス

出典:ZOZOTOWN

ゆるっとしたロングワンピースに同系色のkutirのカーディガンを合わせて、のっぺりしがちなワントーンコーデに立体感を出しています。ふんわりとしたボリューム感のある袖で、フェミニンな印象に。

モノトーンですっきりまとめたきれいめカジュアル

出典:ZOZOTOWN

上下モノトーンの組み合わせにFRAMeWORKのコットンロングカーデを合わせた、きれいめコーデ。カーディガンとタイトスカートで縦長ラインを強調することで、すっきりオシャレにまとまります。

黒の羽織

重くなりそうなイメージがある黒の羽織ですが、丈や着方によって爽やかさをキープしながら、コーデにアクセントをプラスすることができます。1枚持っていると重宝するアイテムですよ。

短め丈で黒の羽織を軽くみせて

出典:ZOZOTOWN

ピンクのレーストップスというフェミニンなアイテムも、laboratory workの黒のカーディガンを合わせることで、甘すぎずに大人っぽく着こなせます。丈が短いカーディガンなら、黒でも重たく見えませんね。

「ミラノ巻き」でおしゃれに日よけ

出典:ZOZOTOWN

Tシャツとワイドパンツのカジュアルコーデに、nano・universeの黒カーディガンでポイントを作ったコーディネート。カーディガンがを少しずらしてミラノ巻きすると、腕の日よけをしつつ、今っぽいこなれ感も出てオシャレですね。

肩掛けで肌も見せつつ上品で爽やかに

出典:ZOZOTOWN

黒のBARNYARDSTORM のカーディガンを肩掛けした、上品なコーディネート。トップスを黒でまとめることで、夏らしいスカイブルーのガウチョパンツが引き立っていますね。肩掛けで適度に肌見せして、涼しげな印象に。

白の羽織

夏の人気色「白」。パキっとした明るい白を選ぶと、より爽やかに着こなすことができますよ。合わせるアイテムの色を選ばないのも白の魅力ですね。

さらっと肩掛け上品な涼しげコーデ

出典:ZOZOTOWN

白×ネイビーは、上品で夏らしい人気の組み合わせですよね。マリン調のノースリーブワンピースに、BARNYARDSTORMのカーディガンをさらっと肩掛けした涼しげなコーディネートです。

トップスを白で合わせて爽やかさアップ

出典:ZOZOTOWN

カーキのワイドパンツとBALLSEYのロングカーディガンのコーディネート。トップスを白で合わることで、爽やかさがアップしています。

レースガウンを羽織るだけで全体を明るく爽やかに

出典:ZOZOTOWN

Gready Brilliantのレースガウンは、羽織るだけでコーディネート全体を明るく爽やかに見せることができるアイテム。カゴバックやサンダルの小物をプラスし、アップヘアでさらに夏らしさを演出して。

白やベージュといった明るめの色の羽織なら、ロングカーディガンに挑戦しても重くなりすぎず着こなせます。濃い色でも、丈や着方を工夫すればこなれ感のある夏コーデに!ぜひ、いろいろなパターンの羽織りコーデにチャレンジしてみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

ビューティの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP