1. トップ
  2. 家事
  3. 【料理上手さんが実践】副菜に困った日の「超簡単テク」4選

【料理上手さんが実践】副菜に困った日の「超簡単テク」4選

2018/05/31【 家事 】

メイン料理にあと一品副菜をつけたいけど、何を作ったらいいか思いつかない……。そんなときは、超人気!料理インスタグラマー・MAYAさんが実践している「考えない!サブおかずテク」がお役立ち。さっそくチェックしてみてくださいね。

テク1:野菜は何でもフライパンで蒸しちゃう

ブロッコリーなど、葉もの以外の野菜は何でもフライパンで蒸します。少量の水を入れてふたするだけで、甘くてホクホクになり、うまみも栄養も逃しません。マヨやかつお節、ポン酢をかけるだけ!

テク2:野菜がちょっと余ったら「塩もみ」して一品に!

「作り置きはしない主義だけど、塩もみ野菜は別。余った野菜が干からびず、鮮度がキープできるので、ムダにしないですみます」。そのまま食べてもおいしいし、サラダやあえもの、炒飯の具にしても!

テク3:困ったら「 だしじょうゆ」で何でも味つけ!

しょうゆに昆布などのうまみをブレンドした「だしじょうゆ」は、市販品を活用。だしじょうゆを使えば、気のきいたサブおかずが考えなくても作れます。「ナムルやおひたし、炒めものなど味つけが一発。うまみがあるから毎日食べても飽きない、超使える調味料です」。

テク4:みそ汁の具材は「余り野菜BOX」から使う

「苦手な野菜も汁ものにしたら、子どももよく食べるので、野菜たっぷりに」。具材は、野菜室の余り野菜BOXのものから使うだけなので、いちいち悩みません。乾燥わかめや麩など、乾物も加えてボリュームアップ。

余り野菜を上手に活用すれば、あっという間に一品完成!これで献立に悩む心配もありませんね。

教えてくれた人…MAYAさん(インスタのフォロワー16万人!)
夫と長男(16歳)、長女(10歳)、二男(6歳)の5人家族。日々の食卓やおべんとうがインスタグラムで話題となり、レシピ本も出版。仕事と家事、育児をしながら、料理関連の雑誌などでも活躍インスタグラムのアカウントは@heavydrinker

参照:『サンキュ!』6月号「考えなくても毎日ちゃんと作れる献立」より一部抜粋。掲載している情報は18年4月現在のものです。撮影/高杉純 構成/RIKA 取材・文/平井裕子

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP