2019/06/01 11:38
こんにちは(^^)

暑さがやっと落ち着いた気がした昨日。
やっぱり暑いからなのかな
毎日疲労感半端なくて。
帰宅後も眠気に襲われて何もやる気が起きず。
朝もスッキリ起きられなくて
なんか毎朝バタバタだった今週を深く反省。

今日はめっちゃ寝る!
と思って寝たけど、結局子ども達に起こされて
いつも通りの起床。
ま、その方がきっといいんだけどさ。
苦笑


さて、
先日素敵なイベントへ取材へ行ってきました。

line_350989582793223.jpg

ヘンケルジャパンさんの
バーネンゲンTouch&Feel
イベントへ行ってきましたよ〜!

DSC00678.JPG

バーネンゲンTouch&Feelのイベントは
以前渋谷で体験会が開催された際に
娘と伺ったことがあって
その時からバーネンゲン商品には心を持っていかれていた私♡

バーネンゲンはスウェーデンで愛され続けている
国民的ブランドのボディケアシリーズです。
こちらがこの春より日本で発売することとなりました。

体験会を通して商品の使い心地もさることながら
その根本的な考え方なんかにも私は感銘を受けて
友達のプレゼントや母の日のプレゼントに
爆買いもしているほどの愛好者です♡


line_30910609792759.jpg

本日は
ビューティブック製作に携わる
主婦エディターズビューティ班チーフ3名で
このイベントの様子を取材してきました〜!!

IMG_20190524_153811.jpg

こちらはバーネンゲンボディケアシリーズの
ボディバームとボディローション
そしてシャワークリーム。

私も家族と共に
普段使いをしているものです。

今回は春から発売されているラインナップと共に
日本未発売製品を試し、製品の香りや質感を感じた上で
好みの製品に投票すると
人気のある上位製品が日本での第二弾発売製品となるとのことで。


DSC00699.JPG

この香りもいいね〜
あ、こっちも好き!
なんて言いながら

DSC00707.JPG

だけど私はやっぱり
バーネンゲンだと本当ハンドクリーム推し!


伸びが良くてべたつきもなく
香りも優しいんですよ。

ちょっとしたプレゼントにも絶対嬉しいと思う。
だからすでにもうプレゼントしまくってるんだけど。
(゜-゜)笑

今回ハンドクリームは2種類試したけど
選べない!!!
選べない!!!
と思いながらどちらにも投票をした次第です。


DSC00691.JPG

そしてバーネンゲンイベントは
ディスプレイもとっても可愛い♡
かわいいフォトスポットも沢山ありました。

1558689890222.jpg

こちらは
葉月ちゃんとまるやまひろこちゃんと♡

どこもかしこも細部までこだわられてる
北欧スウェーデンを感じられるディスプレイに
なんだかこの空間にいるだけで幸せな気分に、、♡


DSC00703.JPG

さてコチラ、
葉月ちゃんと愛美ちゃんが
真剣に何をしているのかというと

DSC00684.JPG

じゃ〜ん♡
この日はスウェーデンの軽食ビュッフェも頂けて!

IMG_20190524_154939.jpg


テラス席で3人
ゆっくりと美味しく頂きました〜。

おいしくて本当に幸せな時間でした〜♡

DSC00680.JPG

そうそう。
ヘンケルさんのサイオスのブースもありましたよ。
私も前日にサイオスのカラー剤を使って
ヘアカラーをしたんですが
使いやすくて自宅で簡単にできるのでとってもオススメ♡
ヘアトリートメントが付属されてるのも嬉しいのです♡

DSC00681.JPG

コチラはオイルグロウシリーズの新製品。
洗い流さないトリートメントのオイルセラムは
以前から発売されているものを私も愛用していますが
今回は新たなラインナップとなる
オイルセラムとオイルインミスト。

これから暑くなる夏には
軽やかな仕上がりが期待できる
オイルミストが気になる所です♡



line_351032649709962.jpg

ちなみに今回イベントの行われた地は
スウェーデン大使館。
なんだかものすごいところに来てしまったよ〜
最寄り駅は六本木一丁目!
初めて降りた地です。

サンキュ!は私の初めてを沢山作ってくれます。
←(゜-゜)笑!


そして嬉しかったお土産も♡


IMG_20190526_102121.jpg


ずっと読んでみたかったこの本。
ラーゴム

LIVE LAGOM
スウェーデンの生活哲学であるこのワード。
無理をしないちょうどいい暮らし
という意味なんだそう。


まだ読み途中なんですが
スウェーデンってどんな国なんだろうって気になって調べると
沢山の自然に囲まれた素晴らしい国。

国民性は日本人に似てる所も多いそう。
シャイなところなんかも。

でも意外にもスウェーデンの女性たちは
私たちが北欧に対してのイメージを持っているであろう
ほっこりとした印象ではなく
強くて優しく自立している
物腰は柔らかく可愛いけれど
自分の意見を声にして社会に届ける努力をしている。
女性が生き生きと暮らせる社会の実現を。

そんな文章を見つけたらさ、
なんかね、私なんて本当薄っぺらいよな〜なんて
深いものを見てしまった気がして。

そっか、そうだよね、自分から発信することで
きっと人生色々変わるんだよな〜
なんてぼや〜んと考えてたら
スウェーデンのこと
もっと知りたくなっちゃった。

本を読みながら自分の価値観も変わっていきそうで
そんなことも楽しみ。



***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

最後までお読み頂きありがとうございました♡


oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/04/24 13:25
こんにちは(^^)


いきなりですが
10年前の写真を引っ張り出してきた。

20190423_095828~2.jpg

初めて子どもを産んで子育てが始まった10年前。
アルバムを見ると
私はいつも楽しそうに笑ってるけど
1番辛くて1番孤独で
毎日自分自身が、少し突つかれれば今にも壊れてしまいそうなほど
なんというかどうしようもない思いで過ごしていたとき。

この時だってそう。
私はこの時
「いつも笑ってる、キレイなお母さんでいたい」
という理想と
今までは何もかも自分の意志を最優先で生きてこられたのに
今は何もかもが思い通りに進められない
母親としての意識に欠けている自分を責めて
でもやっぱり自分自身のしたいことだってしたくて
そんな葛藤で頭がいっぱいだった頃。

当時は若いママ向けの雑誌が売れていて
キレイに着飾ったママや
メイクだけじゃなくヘアもバッチリなキラキラしたママを見ては
知らない誰かを羨んで目を背けてた。

雑誌を見るたびに、毎日パジャマで
家からも出ないで
化粧もできない自分にうんざりしていた。
私のこの生活のどこに
自分の身なりまで気にできる時間があるのか。
髪の毛をとかすだけで精一杯だったあの頃。

多分結構本気でトラウマレベルだったっぽくて
未だにキラキラした生活のSNSが苦手なのも
ここに理由があると思うんだよね。
苦笑

だけど写真では
まるでその心の声を消すかのように
幸せだよ!って笑ってるの。

大きくなった時に長男に
ママが笑ってない写真じゃなくて
笑顔で笑っている写真を残しておかなきゃ
って考えながら映ってた。
という気持ちをつい最近のことのように覚えてる。

今となりゃ
何をそんなに周りと比べてたんだよと
冷静に突っ込みたくなるけど
あの頃はそれはそれは必死だった。
毎日孤独で、そんな自分を認めたくなくて必死だった。


そう、そうなんです。
私はもうね、
こんな初めての子育てでバタバタしてた時から時もたち
それなりに度胸もつき
子ども3人小学生に上がって
自分自身の時間もある程度あって
だいぶ楽になったと本当に思ってます。


1530019915530.jpg

家族の協力のもと、
友達と旅行にだって行くこともできる。
こんな風に心から笑える日が来ることも
あの頃は本当に想像できなかった。

で。
なんの話かって言うと、、
先日ビューティブック
みんなで本を作ろう作戦の
主婦エディターズビューティ班の活動が始動しました!!
口コミサンキュ!からモニター依頼を受け
「ママによるママのためのビューティブック(仮)」
に関するブログを執筆しています。

IMG_0042.JPG

主婦エディターズビューティ班の皆さんと、
初めての顔合わせ。
皆さんの、本作りへの想いに私も俄然気合いが入ります♡

今回は髪の構造やシャンプーなどに関しての
結構専門的な座学。
これは本当、途中から私
「美容学生ってこういう授業受けてんだろうな〜」
って思うほどすごく専門的で。

でも、このあとに行われた
美髪の錬金術師チダさんによる
美髪シャンプーのデモンストレーションを
より深く理解するためには欠かせない項目だった。

DSC00452.JPG

こちらが美髪の錬金術師チダさん。
すごく丁寧に美髪シャンプーの工程を教えて頂きました。

この工程が軽く10くらいあるわけで
私は今このデモンストレーションを見てからは毎日
この美髪シャンプーをしてるんですがあのね、すごいよ。
まじでサラサラだよ。

本当に、
私今ならシャンプーのCMとれんじゃないか位だかんね。←

だけどここが大事なの。
私の今のこの状況だから全部の工程ができるんです。

最初にいた
子どもを産んだばかりで右往左往してる私に
さぁレッツチダシャン!!♬
なんて言っても
きっとシンプルに、自分にかける時間がない。
ですよね。
やっぱり私には
今は何もできないと逆に思い知らされるような、
どよよ〜んとしちゃうのが痛いほどにわかるの。
苦笑

だけどね、チダさんの言いたいことは
高いシャンプーを使うでもなく
きっとどれだけ時間をかけるでもなく
(いや、これは一概にそうともいえないんだけど)
変えるべきは意識なんです。
自分の髪の毛に対する意識
を1つでも変えていく事で
きっと明日の自分が変わる。
多分これは本当に変わると思う。

今回チダさんに
教えて頂いたもので全部はできない場合でも
これだけは譲れない工程ってありますか?
って聞いたらズバリ
「頭皮をこすらない」
ということでした。

私のなかではそれプラス
シャンプー前にくしを通すこと、
予洗いをすること、
あとはトリートメントは毛先につける、
そしてトリートメントはよく流すこと。

これくらいならできるんじゃないかなって思って。
結構衝撃的だったのは
トリートメントをしっかり流さないことで起こるのが
背中や首元にできる湿疹だったりするんですって。

私コレ絶対当てはまってるわ。
って思って。
加齢だと思ってたんですけど←割と何でも加齢で済ます派
ここ、もし悩んでる人いたら意識してみてください〜。

今回の取材を通して
じゃあ私たちがいかにして美を意識できるだろう。
皆に共通する悩みってなんだろう。
解決策ってなんだろう。

そんな企画案を各々が考える事になっています。
私は結構頭が固いから
柔らかい考えの皆さんの意見も本当是非聞かせてほしい。



line_777665090892124.jpg

主婦エディターズビューティ班の募集は
まだまだ行っております!
心の奥底に少しでも
「キレイ」を諦めたくない想いがある方
是非その1歩、私たちと踏み出しませんか?


私は今回の制作を通して
自分自身の軸を見つけ出したいと思っています。
自信のない私から
心から自信の持てる私に変わりたいと思ってます。


例えばあの頃の
自分のことなんて何も考えられなくて
キレイなんて頭の片隅にもなかった私に
明日が明るくなるような
自分に自信をもって
毎日を心から楽しめるような
キレイのヒントやきっかけを見つけられる
そんな一筋の光にもなるようなものが作れたら
本望だなーと思いながら
頭の中でぐるぐる考え中。


ヘンケルはキレイを諦めたくない大人の女性を応援しています。

IMG_20190423_202951-0485a.jpg

おまけ。
長男が1歳になった日の写真。
この日の笑顔は本物の笑顔。
それだけはなんかよく覚えてる写真なのです。

やっぱり少しずつお母さんになれるもんだよ。
あんなに自分のことがしたかった私も
やっと子どもの顔を見て笑ってる。


でもこの時はまだ、
髪の毛のことまでは考えてなさそうだけどね。



***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***


最後までお読み頂きありがとうございました♡



oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/03/25 09:32
こんにちは(^^)


今回のブログはビッグなお知らせブログ!

インスタではお先に投稿したのですが
実はこの度、
サンキュ!×ヘンケルジャパンさんがコラボして
ビューティブックを作ることになりました!


IMG_20190301_132514.jpg

口コミサンキュ!からモニター依頼を受け
「ママによるママのためのビューティブック(仮)」
に関するブログを執筆しています。

このビューティブック
ただのビューティブックではないんです。

この本の斬新なところはなんといっても
みんなで一緒に作っていく本
というコンセプトになっていること。


そう、まさにあなたにあなた!
編集に関わって頂く皆さんがこの
ビューティブック編集部の一員でもあるのです。

どんな本になっていくのかは
これから皆さんの意見も含めて
どんどん形になっていくのだと思うのですが、、♡

今回は
臼井愛美ちゃん
海老原葉月ちゃん
そして私、、

え?私(゜-゜)?

1552825198860.jpg

そうなんです!
私も入っちゃってる!
このメンバーが
サンキュ!主婦エディターズ
ビューティ班チーフとして
企画や取材を行っていきます!

1551430546100.jpg

驚いてる間もなく、
3月のとある日のキックオフ会にて
ビューティ班チーフに任命されました〜!!

ひぇ〜〜〜〜!!!
私大丈夫〜〜〜???
自分へのこの不安感ったらない。
苦笑!


IMG_20190303_090029.jpg


だけどねだけどね、、
こんな嬉しいことはないです。
こんな光栄な大役を任させていただけたからには
全力で頑張ります!

この日編集部の方から頂いたのは
エディターノート。

まだまだまっさらなこのノートに
私はこれからどんな事を書いていくんだろう。
そしてどんな本になるんだろう。
考えるだけでわくわくとドキドキが止まらない。

実はヘンケルさんの本社に出向いたのは初めてでしたが
去年1年間、
ヘンケルさんのヘアケア商品を使っていたこともあり。


DSC00055.JPG


今までは私って、
そりゃ確かにキレイでいたいけど
そこまで自分にかけるお金もなかったし
時間をかけることもしなかったし
うーーーん、今はしょうがなくない??
どちらかというと無意識に諦めていたのかな。
選択肢の中で言うと
自分のことって最下位になってて。
そういう女性、少なくないんじゃないかな。

でもね、去年の
♯おうちをサロンにプロジェクト
で気づいたのは
キレイは人生を明るいものにしてくれる
ということ。

DSC08272.JPG

特にこの、
自分に手をかけることが自分への自信につながる。
いつものケアにちょっとの特別を加えただけで
1日の気分が上がるしハッピーに過ごせる
っていう所を
私は心から!!
世の女性たちに伝えたい。

この自分に手をかける特別から感じるハッピーな気持ちは
女性の特権かもしれない♬


その一歩を踏み出してもらえるような
手に取った方がそんな気持ちを感じてくれるような
そんな事が伝えられたらうれしいなと思ってます。

今回のキックオフ会でいただいたお話に
「自己肯定感」
というワードがあってね。

今の女性たち、
自己肯定感の低い人が多いんじゃないかって。
うんうん、多いと思う!
だって正直私もどちらかというと、、
その一人だもん!


だけどね、変わりたいって思ってません?
私は思ってます。
こんな自分から変わりたい。
だけどその方法がわからないの。

頂いたお話の中に
ビューティは笑顔と幸せからできているんだよ。
自分を好きになるためにみんなをもっと好きになろう
っていう話があって。

私の中でのその答えを
私もこの本を作っていく中で
探し出して自信につなげていきたいって思ってます。

キレイを諦めたくない大人の女性を応援する。
心の中にきっと誰しもが持っている
「キレイになりたい」の気持ちを大切にしたい。
それがヘンケルジャパンさんの想いです。

この想い
もうしびれたよ本当に!←本当に本当♡涙

そんな想いを詰め込んでみんなが笑顔になれるような
ハッピーな本が作っていけるように
皆さんも是非お力を貸してくださいね〜!!


そう、
この本は皆さんと一緒に作っていくものなのです。
そんなわけで
皆さんの意見が聞きたい第一弾。

「キレイに関するお悩み」
「ビューティブックで取り上げてほしい企画案やお題」

こちらに関する皆さんからの意見を
募集いたします〜〜!!
このブログのコメント欄に小さなことも大きなことも
もし思いつく方がいましたら
どしどし書いちゃってください♡

躊躇なく!

ちなみに私は
簡単ヘアアレンジですらできない私にできる
本気の簡単ヘアアレンジを教えてほしい
と話してきました。

こんな感じで皆さんのお力も貸してもらえたら
と思ってます♡

ちなみにこのような形から
このビューティブックの編集に関わって下さった皆様のお名前が
出来上がったビューティブックに掲載される予定になっています。

そう、皆さんも編集部の一員なのです♡
素敵なビューティブックを
皆さんも一緒に作っていきましょう(゜-゜)♡



***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

最後までお読み頂きありがとうございました♡


oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ