2019/04/16 23:38
4月になり、お子さんが小学校に入学したという方もおられることと思います。

おめでとうございます〜。


さて、小学校入学と同時に学童保育所に入所、というお子さんもいるでしょう。

今年は新元号も発表された記念すべき4月1日。

新年度1日目で春休み、とはいえ仕事は休みでない〜〜。

という場合、入学式もまだなのに、前日まで保育園だった子がいきなり小学校1年生として学童保育所に行くという事態になります。

うちも去年はそうでした。


学童ってどんなところ?

それをテーマにしたありそうでなかった絵本がこちらです。

Fotor_155538754682644.jpg

『あるひ、いつものがくどうで。』(さく・サトシン え・ドーリー)

学童保育所で日常的に繰り広げられる小さなできごとが収められています。

子どもが学校から「ただいま〜」と帰ってくる、家庭のような場所。

一つ屋根の下、いっしょに過ごす子どもたちは兄弟のよう。

仕事を終えて迎えに来るお母さんたちも、子育てのことや仕事のことを話したり相談したり。

学童は、子どもだけでなく働きながら子どもを育てる親をも支えてくれるところ。


おや、おやつに焼いているのはもしや「たません」??

ということは…。

やはり!この本のモデルになったのは名古屋の数か所の学童保育所なのでした。

うちの子の学童はこの本に関わっていませんが、建物の絵が、いかにも「学童〜〜」って感じなのです。

学童生活を知りたい親子のみなさま、手にとってみてはいかがでしょうか。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)