2019/04/10 00:44
たいへんお久しぶりとなってしまいました。

それなのにこの話題とは…。

ビロウな話で恐縮です。←この言い回し人生で初めて使います。


季節はもはや春、桜も満開というのに。

DSC_3452.JPG

昨年受けた健康診断で、大腸がん検診の便潜血陽性が出てしまいました。

病院を受診したら、内視鏡で精密検査を、となりました。

夏に手術をした病院の内科を受診しました。

大きい病院のため、予約がなかなかとれず、自分の予定とも合わず、やーっと年内最終日の受診。

検査の予約がまた取れなくて、予定がまた合わなくて、それから約2か月後。



じつは昨年は夫も便潜血陽性になり、内視鏡を受けていたのでした。

結果は異常なく、検査もまったく苦痛ではなかったとのこと。


けれど、わたしは過去3回開腹手術を受けているので、内臓の癒着があるかも…。

ということで手術を受けたのと同じ病院にしたのですけれども。

前日から食事は消化のよいものに制限し、当日朝は絶食の上、下剤服用でへろへろに。

そして午後の検査に臨んだところ、なんと、というかやはり、というか、内臓の癒着のために内視鏡が入らないっ。

「大腸の内視鏡が入らない」
(…↑書店員&図書館員泣かせの、非常に口に出しにくい某ベストセラー書籍のタイトルを拝借しております。わかるヒトだけわかってくれたらいいです…)


痛いのを我慢して検査を進めても、腸が破れる危険がある!とのことで、大腸入口周辺で検査は終了。

そして、結果説明と次の検査方法を決めるべく、後日また受診。

さらに、今度はCTを受けると決まったため、検査の予約を取り直し、また前日から検査食を食べ、当日は下剤を飲んでへろへろになり、やっと終了。

それからCT結果説明の予約をとり、それが来週の予定、というわけです。

なんと時間がかかるものか…。

検査をやり直したぶん費用も多くかかっているし。


なにもなければいいのだけれど、という話です。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ