妊娠中のへそピアス

  • サンキュ!
  • 小川沙奈枝さん
  • 2018/10/02 11:00
だいぶ時期を逃しましたが・・・、
マタニティ期に反響の大きかった、"へそピアス"について書きたいと思います。


IMG_7722.JPG

これ、実はマタニティ用のへそピアスなんです
よく見ると赤ちゃんをイメージさせる足の形^^

普通のへそピアスとの違いは、
1. 通す部分が長く、大きくなるお腹に対応
2. 通す部分がシリコン製なので柔軟
という2点です。
私は、5ヶ月頃からこのマタニティ用に変えて、9ヶ月までつけていました。
(臨月に入ったあとは、急な陣痛に備えて外していました。)


へそピアス、特に妊婦のへそピアスには賛否両論あると思います。

「妊娠してまで自分のお腹のオシャレが大事か」とか•••。

ネットなどで見てみると、現に、妊娠を機にへそピアスの穴を閉じてしまった方は多いようです。
しばらく穴を使わないことと、お腹が伸縮することで、
出産後にはピアスが入らなくなってしまうんだとか。
しかし、そのことに残念な想いをされている方も少なくないこともわかりました。

そして、私もそうなりそうな1人でした。

かなり個人的事情ですが、私はへそピアスで人生変わったと言っても良いほど助けられました。
子どもの頃からおへその形がとてもコンプレックスで、
友達と海やプール、温泉などに行くのを躊躇していました。
そこで大学生の時、とにかくおへそを隠すため思い切ってあけたところ、
海でもプールでも全く気にならず、友達と遊べる機会が増えました
今考えるとなんだかちっぽけな話に聞こえますが、若かりし当時は本当に悩んでいたので、
私にとっては単なるオシャレを超えて救世主的存在だったんですよね。。

そんな、体の一部のようになっているへそピアス。
出産後もやっぱり無いとそわそわするはず・・・。
とはいえ、開けた時の痛みとビジュアルのグロさ(笑)はもう経験したくない。

ということで調べた結果、冒頭でご紹介したマタニティ用へそピアスにたどり着いたというわけです。


実際につけた感じは、全然違和感なく普通です。
ずっとつけっぱなしですが衛生面も問題ありませんでした。
かぶれたりとかも、私は一切無かったです。
シリコンの柄は好きな長さに自分でカットできるので、お腹の膨らみに合わせて調整できるのも助かりました。
私は2つ購入し、普段使いのものは長めにカットし、
マタニティフォト用はお腹ぴったりの長さにカットして使い分けていました。

出産後は、1週間後から通常のへそピアスに戻しましたが、穴も塞がらずに元どおり
産後の体はところどころ残念な感じになってしまいますが、
1つでも妊娠前と同じポイントがあると嬉しくなりますよね(笑)


IMG_0507.JPG


へそピアス人口は日本はあまり多くないですし、
ましてや妊婦のへそピアスなんてかなり珍しいかもしませんが、
だからこそ情報があまり無いかな・・・と思い、書きました。
どなたかのお役に立てれば幸いです


そして、妊娠、授乳、子育てと、どうしてもオシャレに制限が出てしまいがちなママ業。
でも、少しの工夫で諦めなくていいこともある!
ママになっても女性であることを楽しみ続けましょう!
という強いメッセージを込めて、今日の記事を締めくくりたいと思います


長文読んでくださりありがとうございました


たまひよメイト
小川沙奈枝

PAGE TOP