2016/11/07 14:01




お友達がその日のファッションによく似合う、かわいいバッグを持っていたので、「いいですね〜」と褒めたら、それは買ったモノではなく、自宅にあったクッションカバーをリメイクしてもらったモノだと教えてくれました。




ウインドーショッピング中に「いいな」と思ったバッグの生地が手持ちのクッションにそっくりで、早速オーダーしたのだとか。



バッグは数万円の高価なモノでしたが、リメイクの料金は数千円。それでお気に入りのバッグが誕生したのなら素晴らしいことです。



ただ買うよりも、数段愛着がわく一品。
こういうことが、愛用品を増やします。


愛せるモノを意識して持つことが、「なんとなく持つ」ことを減らしていき、ひいては無駄なモノを持たない暮らしにつながっていくと思っています。




かたづけモノづきあい研究家タコムラさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ