2010/11/05 12:58
クローバー ご訪問ありがとうございます クローバー








昨日、ご近所の方のお通夜に参列してきました。

正確に言うと、私と同年代の方のご長男のお通夜です。

今年、現役で国立大学に合格し、元気にしているとばかり思っていたのですが・・・。

病気が発症し、7か月の闘病ののち、旅立たれたそうです。







わが子を看取るのが、どれほど辛いことか。

ご家族の悲しみを思うと、なんて言っていいものか、言葉が見つかりませんでした。








それでも、喪主であるお父様のあいさつは、気丈で心を打ちました。

涙を見せながら、誇らしく息子を語る姿に、みんな涙しました。








「親より先に逝くのは、親不孝」という人がいます。

私も、中学生の時に9歳の弟をガンで亡くしました。

6年間の辛い闘病生活でしたが、立派に生き抜いた弟が「親不孝」をしたなんて言われることが、とても辛かったです。

9年という短い間に、家族に与えてくれたものは、それはそれは多く

一生分以上の親孝行をしていったと思っています。

そして、亡くなった後も、家族の支えにもなってくれています。

それが親不孝でしょうか。

そうではないはず。

お父様の言葉を聞いて、亡くなった彼も、弟も、

たっぷり親孝行して旅立って行ったんだと、つくづく思いました。









家族を亡くした悲しみは、なくなることはありません。

薄れることもありません。

でも、いつか、楽しかった思い出を、笑って話せるときがきます。

それに必要なのは、時間です。

私にお手伝いできることは、たぶんありません。

でも、私が家族を亡くした時、

周りがいつも通りでいてくれたことが、何よりも嬉しかったんです。

ですから、

彼のご冥福をお祈りするとともに、

ご家族に笑顔が戻るまで、

ご近所みんなで、いつも通りでいられるように、

そっと見守っていければと、そう思いました。



ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2010/08/02 08:53
クローバー ご訪問ありがとうございます クローバー







みなさま、ご無沙汰しております汗

記事を書けずにいた間も、ご訪問くださってありがとうございます。







以前記事にしたとおり、生理前の不調がひどく、ピルを服用しはじめました。

でも、飲み始めてからも、目に見えての回復は感じられず。

そのまま夏休みに突入ダッシュ

慌ただしい毎日が始まりました。







でも、先日生理が始まると、あら不思議。

頭痛や腹痛などはありますが、体が軽く眠気も感じなくなってきました。

よくなってきたようです。

これからまた、記事が書けるかな〜と思っています。





そうだ。

ぼちぼち、うちの片付けをしなくてはいけません炎

だらしな〜い日々を過ごしていましたから。

主人にうちには季節感がないと言われていました。

実際そのとおり。

少しづつ頑張って、ほっとできるおうち家にしてあげたいです。







ひまわり     ひまわり     ひまわり     ひまわり






話は変わりますが、うちにペットがやってきました。

ペットと言っても、カブトムシですが・・・。

虫嫌いだった三男が、お友達の影響で虫好きに大変身びっくり

近所のお兄ちゃんが「カブトムシいらん〜?」と聞かれて「ほしいほしい」と即返。

もらってきたわけです。






私は今は虫が苦手ですが、子どもの頃は平気でした。

青虫・かいこ・ゲンゴロウ・・・いろんなものを採っては、家で飼っていました。

母はいつも協力的でしたが、実は虫嫌いだったそうです。


「子どもの好奇心は大事にしなきゃ。」


その思いで、耐えていたとか。

今、私は母と同じ思いで、カブトムシを飼っています。

ホントはちょ〜こわいよ〜!!!


         この子はメス。あとオス2匹がいますキラキラ




家の中(玄関ですが)に虫がいるなんて、考えたくもないけど、

虫かごをしょっちゅう眺めている息子をみると、

これでいいんやわって思えますね笑顔









ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2010/07/13 15:45
クローバー ご訪問ありがとうございます クローバー








こんにちは。

昨日、見つけたこうもりの話の続きを書きたいと思います。

(昨日のこうもりの記事はこちらです→








あの後こうもりを見ると、動かなくなっていて・・・。

死んでしまったようでした。

お兄ちゃん(長男)と、庭に埋めてあげようと話し、決めました。

長男がスコップで穴を掘って、私がそこに埋めることに・・・。

長男は、野生のものは病気を持ってるかもしれないからと、深い穴をほってくれました。








さあ、私が埋めてあげなくてはいけません。

正直怖いので、恐る恐るスコップに乗せようとすると〜









ひえ〜〜〜〜!!!








口を大きくあけて、嫌がってる〜〜汗









「生きとる〜〜〜拍手









死んでしまったかと思ったら生きていたという嬉しさと、威嚇された恐怖で、泣きそうになった私泣く








動きはせんけど、よーく見ると呼吸しているのがわかる、と子ども達。

きっと、元気になってくれる。

このまま様子をみよう、ってことになりました。










すると、

夕方には、ブロック塀の隙間に頭を下にしてへばりついていました。

自分で動いたんですね〜。









お兄ちゃんは、

「こうもりは夜行性やで、夜にむけて活発になるんちゃう?」

って言っていました。

そうかも!

弱ってるんじゃなくて、寝てたのかな。

昨日はみんな、こうもりのことを気にしながら眠りにつきました。









そして、朝。

こうもりは、いなくなってしまっていました。

夜のうちに、飛んで行ったのでしょうねキラキラ

子どもたちは、少し寂しい様子でしたが、

「元気になって、おうちに飛んで行ったんだよ」

と話すと、納得したみたいです。

なんだか、私もちょっぴり寂しいな。







でも、こうもりをあんなに近くで見たのは初めて。

貴重な経験ができました笑顔







ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ