1. トップ
  2. 家事
  3. クリーニングいらず!カーテン&ラグの正しい自宅洗い方法

クリーニングいらず!カーテン&ラグの正しい自宅洗い方法

2018/08/10【 家事 】

CONTENTS

汚れが気になるものの、自宅で洗えるのか不安なカーテンやラグといった大物。正しい洗濯方法を知れば、クリーニングに出さずともキレイに洗うことができます。

手あかがついたカーテンの洗い方とは?

薄手の白いカーテンは涼しげな反面、汚れも目立ちがち。白さを取り戻す洗濯方法をご紹介します!

1、粉末洗剤+酸素系粉末漂白剤でつけ置きを!

お子さんの手あかが付いてしまった白いカーテンは、蛇腹にたたみ、粉末洗剤と酸素系粉末漂白剤とともに1時間~1晩つけ置きをしましょう。手あかが落ちたら、洗濯ネットに入れて洗濯機ですすぐだけ。また、色柄物のカーテンの場合は、液体洗剤と酸素系液体漂白剤で約1時間つけ置きを。

2、すすぎ後は自然乾燥でOK。

洗濯機ですすぎ後、軽く脱水したなら、カーテンフックをつけてカーテンレールに戻し自然乾燥。とくに薄手のカーテンは脱水し過ぎるとしわしわになってしまうので要注意です。ちなみに、フックが外せないカーテンの場合は、タオルでフックの部分を包み込めば、同様に洗えますよ。

敷きっぱなしのラグの洗い方とは?

床に敷きっ放しのラグ。洗いたいけれど、洗濯機に入らない…そんなときにはどうしたらいい?

1、まずは掃除機で表面の汚れを落とそう!

洗う前に、まずは表面のゴミや汚れを掃除機や吸着テープを使って落としましょう。ここでしっかりとゴミを取っておくと、後のすすぎが楽になりますよ。

2、浴槽のなかで踏み洗いをする!

表面の汚れを落としたならば、ラグをお風呂場に持っていきましょう。浴槽のなかに適量のぬるま湯を溜め、液体洗剤を入れます。ラグをそのなかに入れ、5~10分、足で踏みながら汚れを押し出します。水を入れ替えて踏みながら、泡が出なくなるまですすぎましょう。

3、干す際のポイントは、角を斜めに!

ラグを干す際は、ラグの角が斜めになるように棹に干すと、そこから水が滴り落ちるため、水ぎれがよくなり速く乾きます。

コツさえおさえれば意外と簡単に洗える、カーテンやラグ。汚れたと思ったら、気軽に洗ってみましょう!

参考文献:2014年『サンキュ!』9月号「洗濯王子が教える!面倒くさそうなアレも、洗えなさそうなコレも、ラクに洗えてすぐ乾く 夏の今こそスッキリ!大物洗い」

関連するキーワード

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP