1. トップ
  2. お金
  3. 主婦が気になる<2017年>配偶者控除・社会保険の新制度Q&A

主婦が気になる<2017年>配偶者控除・社会保険の新制度Q&A

2016/12/21【 お金 】


2017年に向けて、なんだか気になる新制度がちらほら。

しかも主婦の人生に影響ありそうなものもけっこうある気配。とはいえ結局のところ、何がどう変わり、どんな影響があるのでしょう?
あ、ついでに国民年金の保険料支払ってない時期があったりもして・・・。それからカードって・・・。
はい! そんな、主婦が今知りたい疑問にマネーの専門家がお答えいたします。
Q.賢く老後のお金を貯めるためにはどうしたらいいですか?
A.2017年1月から、主婦でも加入できる年金制度「確定拠出年金」が始まります。個人で年金をつくるために国が用意した制度で、積立貯蓄の感覚で運用でき、利益は非課税、掛け金が全額所得控除など、税金の優遇も大きいので早めに検討を!


Q.国民年金の保険料、支払っていない時期があるのですが・・・(汗)
A.老齢基礎年金は20歳~60歳までの480カ月、すべて保険料を納めないと減額に。通常、未納分を払えるのは2年前までですが、今なら5年前まで未納分を支払える特例期間中です! 


Q.預金を下ろす手数料が気になります。
A.実はゆうちょ、信用金庫、信用組合は自社ATMでの引き出し手数料が時間外でも土日祝でも無料なんです(信用金庫、信用組合は時間指定がある場合があります)。平日下ろすのを忘れがちな人にはおすすめ。


Q.パート勤務なんですが、社会保険料を払っても働くほうがトクですか?
A.「130万円の壁」が「106万円」の壁になる可能性が。加入するなら稼ぐのがおすすめ。仮に160万円稼いで社会保険に加入すると、手取りは131万円ほどに減。ただし厚生年金で年金は年21万8000円もプラスに。女性は長寿なので、老後数年間受け取る年金のほうがお得になります。


Q.「配偶者控除」が気になります。どんな働き方をすればいいのでしょう?
A.毎年議論しては見送られてきた「配偶者控除の廃止」が今年も検討されたものの見送りに。しかし17年はついに「103万円の壁」が変わる可能性が。12月中旬に発表される「税制改正大綱」は要チェック!


Q.デビットカードにしたいけど、クレジットカードのポイントも欲しいんです。
A.楽天銀行デビットカード(JCB)は、100円の買い物ごとに1ポイントと付与。イオンデビットカードは200円ごとに1ポイント。さらにイオングループでの買い物なら2ポイント付与、お客様感謝デーの5%オフの適用など、クレジットカード並みの還元率です。


Q.今おトクな、おすすめの保険はありますか?
A.地震保険は来年から多くの地域で値上げになる一方、医療保険ではがんの先進治療をワンコインで保証するタイプが登場するなど、低価格化も。固定費を見直すなら医療費に注目です。


Q.学資保険加入は出産後でも遅くありませんよね?
A.保険の予定利率を決める標準利率が来年4月に下がることが決定。貯蓄型の保険はすでに売り止めの動きが広がっています。学資保険は出生140日前から加入できるので、検討するなら急ぎましょう。

 


また、2017年を賢く乗り切るコツのひとつは、「制度の変化に流されず、キャリアデザインを見直す」こと。

税制や制度が変わる今は、損得で動いても正解になるとは限らないもの。社会保険を見据えて稼げる仕事を探すのも、専業主婦として家を守るのも、どちらもあり。
“自分はどうしたいか”を考えることが大切だと言います。
 
 

参照:『サンキュ!』12月号「主婦のための!トクするマネーBOOK」より一部抜粋 監修/畠中雅子、横山光昭、神門学、撮影/園田昭彦、取材/大上ミカ、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

お金の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP