2012/12/05 16:40


最近、お金のことを考えると夜、眠れなくなって 


突然 パソコンで総務省の統計局のページなどを見て


家計について もう一度計算しなおしたりし始めます(心配性なので・・・)






統計局によると平成23年の勤労者世帯(いわゆるサラリーマン世帯)の1か月の平均収入(実収入)は,1世帯当たり51万円





手取り収入のうちの30万9千円が,食料や住居費などの生活費(消費支出)に使われている平均


だそうです。


その残りが貯金や保険など、黒字にあたる部分のようです。





2人以上の世帯の1世帯当たり貯蓄現在高は平均では1664万円







やはり、みなさん貯金はしっかりされているのですね(^∇^)


これって20代の方の世帯も入っての計算なので、たぶん30代だと


もっと平均が高いと思ってるんですが違うんだろうか。






我が家も 子供の学費・私たちの老後(今は30代ですが・・・これからの世の中を考えると


安心できない)


を考えると、貯金は絶対外せない部門です。






そんな共働き世帯の我が家の11月の貯金は・・・






・財形貯蓄(妻) 50000


・積立・投資信託・株(夫) 153500


・貯蓄型保険(学資・個人年金など世帯全体で) 102000


・定期預金(妻)70000




ここまですべて先取り貯金です。




・家計の残金貯金(車購入費や特別費用の口座に) 88000




合計で463500 円 でした。






私が働いているからこれだけ今は貯金できますが、


いつまで働けるものやら・・・。


今日、中村勘三郎さんの突然の訃報を目にして、


私なんか中村さんと比べるのもおこがましいんですが、


「人っていつ突然死んでしまうか本当にわからないな・・・」と思いました。


自分が働けなくなってしまったとき夫が働けなくなってしまったとき


を常に考えて生きなくちゃダメですね!




12月はボーナス月なのでかなり貯蓄できる予定ですが


冬休み・お正月で気が抜けがちな時期なのでそこをぐっと 控えめに・・・・


頑張るぞ!!



satokouさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ