2019/01/09 20:04

仕事の移動中は

音楽を聴いたり配信音声を聞いたりしています。


連休明けということもあり

移動が多いんだな〜車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)



そこで、ある話を聞いていて

確かに〜と

思うことがあったので

私の考えを踏まえつつシェアしたいと思います。



人に対して何か伝える時は

あなたが〜〇〇


自分は〜〇〇

という言い方では全然伝わり方が違うよね

というお話でした。



これを聞いて、本当にその通りだと思って。


例えば

どうして、あなたは〇〇してくれないの?


というよりも


私は〇〇して欲しかった


とでは全然聞こえ方も伝わり方も違う。



確かに

あなたが〜というフレーズは

相手を責めている感じに聞こえてしまう。



もちろん

シュチュエーションにもよるだろうけど

私が ”あなたが(は)〜”と使う時は

だいぶ攻めの姿勢な気がします。



でも、別に相手を責めたい訳でも

否定したいわけではなく。


そこには

私は本当はこうして欲しいのに!って

気持ちがあるのかもしれない。



大げさに言ってしまえば

自分の思う通りにいかないから。


こう書くと

まるで子どものようですが

人が悲しんだり、怒ったりするのは

自分の理想や想像と違ったり

思う通りにいかないから。


それとか、価値観が違いすぎて

理解できなかったりもそうかな〜



つまり、相手を責めてしまう原因の裏側には


自分の想いに相手は

理解を示したり

気持ちを汲み取ることをしてくれない!


という心理があるのではないかと思うのです。



これ、あなた限定ではなく

あの人が〜あの子が〜でも同じ。



でも、言われた側はどうよ・・・?

と考えると

かなーり理不尽。


私だったら

なに?!

私のせいなの?と思う。



感情は自由です。

自然に湧き上がるものだから

止めようもないというか....


自分には正直に

思ったまま解釈すればいい。


ただ

それを相手に伝える時には

”あなた” ではなく ”わたし


私はあなたに、それを言われて(されて)

こう思った・感じた。

こうして欲しかった 

など

素直に自分の感情を伝えればいい。



なんであなたは(あの人は)〜ちっ(怒った顔)

責め立てるよりも

100倍可愛らしいですよね。



ただ、

自分の気持ちを伝えたところで

相手がどうするのかは別の話。
  



そこは相手の領域

自分がコントロールできる部分ではないですから。




それでも、相手を責めるより

素直に自分の感情を話してくれた方が

聞く方としても受け入れやすいし

理解しやすい気もします。



要は言い方ですよね。



これ、息子達に対しても当てはまるな〜

と思ったんです。



ほら、私は鬼タイプだから (笑)

可愛らしく言えないんだなー。




言いにくい事でも


私はね、、、という始め方であれば

そう角が立たないかもしれません。




それに、口にそこ出さなくても

心の中でどうしても

モヤモヤと

自然に湧き出る感情もあります。


そんな時

なんであの人は・・・と考えるより

自分は何が嫌だったのか

何を悩んでいるのか

何が納得できないのか

相手ではなく、自分の中に疑問を抱いて

考えてみる。


そうすると

あっ 私はそういうことがイヤだったのか

悲しかったのか

って思える。


相手ではなく、自分にフォーカスする。


だって、

考え方や価値観に間違いも正しいもない。


人がどんな感情を抱こうか

それは自由なのです。

(それを行為に移すかは別として)

相手を変えることはできない

変える必要もないですし。


そのかわり

自分も無理に変わる必要もない。


むしろ、違いの理由を考えることは

無駄なことかもしれない。



あなたには、あなたの


私には、私の


考えと価値観がありますから❁



最近のわたしは

それに近い考え方をするようになりましたが

それでもやっぱり難しい時も多い。



でも、心の底からそう思えたら

きっともっと

心が楽になるんだろうと思います。



初詣で引いた おみくじ

596E1B23-5EA1-4FE5-AAF0-9B153ADD15E6.jpeg

んー


まさに(笑)





ここまで読んでいただきありがとうございました**



IDUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)
内海舞さんへ

おかえりなさい舞さん!

そんなことないです(^^)
舞さんは話しやすくて、アドバイスをくれそうな...勝手にお姉さん的存在なイメージを持っているので。嬉しいんです(*^^*)

親バカの件、たしかに...
自分以上に我が子を心の底から可愛がれる人はいないかも..
もっと褒めてやらねば。。
大人でも褒められれば嬉しいですもんね(´∀`)

舞さんからコメントをいただいて、長男の切り替わりの速さをいい部分だと思えてないことに気付きました。
たしかに考えようによって、良い部分と言えますね。
さすが、長所探しの得意な舞さん♡

その上、褒め上手でコメントを見ながら幸せな気分にさせていただきました。ありがとうございます(o^^o)

舞さんのお買い物記事も楽しみにしています。
きっと、何事も遅いことはないと思いますよ〜!きっと舞さんにとって今がその時なのです^ ^

身につける物をガラッと変えることは、自分の可能性を見つけるみたいでとっても楽しいですよね〜

ゴディバのアイス見つかるように遠くからパワーを送っておきます(❁´◡`❁) 笑
by IDUMI 2019/01/14
IDUMIさん

私こそ、後から読み返して、
なんだか上から目線〜<(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)>
ごめんね〜(;´д`)

ちゃんとまとまってますよ〜。
それに、すごく素直な気持ちをそのまま表現されていて、
だからこその共感!
IDUMIさんのそういうところが、私は大好き♡(*´▽`*)
きっと私だけじゃないですね。
ファンが多いのは、だからだな〜って思いますもの( *´艸`)

わが子のことは、難しいって言わずにた〜っぷり褒めてあげましょ♪
「私が褒めなくて、誰がこんなに褒めるの〜( *´艸`)」
「親バカにならなきゃ、誰もバカになってくれないし〜(* ̄▽ ̄)♪」
って、ワタクシたっぷり褒めてましたわ( ̄▽ ̄*)笑
絶対、ゴマはすらないけどね。

長男クン、言いたいこと言ったら切り替わってくれるのね。
切り替わってくれなかったら、親が苦労するから、
一度「切り替わってくれてありがとう(*´ω`*)」って
心の中で言ってみたら、ママも切り替わりやすいかも。
私は息子にマジで怒ったことないから、たぶん、ですけど( *´艸`)
(息子には見透かされてたけど、演技で怒ってました。
 「お母さん、迫力ないね〜」って、
 「こんな時に演技指導すんな〜」って言いながら
 笑っちゃって脱力したことも)

そういえば、旦那や母親は、
言いたいことを言いたいだけ言って、
自分だけさっさと切り替わって
「何いつまでも怒ってるの?」とか言うから
「私の言葉は聞かないくせに、なんなのよ〜!」って
私は一人プンプンモヤモヤ・・・ヽ(`Д´)ノ
だから、「切り替わってくれてありがとう」なんて
思ったことないか( ̄▽ ̄;)笑
私も、そんなに寛大なわけではありませんのよ〜f(^^;)


ゴディバアイスの情報、ありがとうございます!
さっそく探してみよう♪(((o(*゚▽゚*)o)))
北海道(特に札幌以外)にはあんまりないファミマ、
でも、私の行動範囲に1軒だけあるんです♪(*´▽`*)

ハーバリウム♡ そうなんです!体験できました〜♪
IDUMIさんの、お誕生日の日のラッキーハーバリウムの記事に
「私もやりたいんです〜」って書きましたよね。
やっとやっと、念願叶えました(*´ω`*) 楽しかった〜♪
本文に書きたかったけど、コメントを催促するみたいだから
自粛してました( ̄▽ ̄*)笑

IDUMIさんはIDUMIさんらしさが確立していて、
とってもカッコいいです♡(*´▽`*)
好きなモノ、なりたいイメージはあったけど、
私はこの年になってやっと、真剣に考え始めたところ。
遅すぎな気もしますが、だからこそ
今からでもたくさん楽しみま〜す(*´ω`*)

再びお邪魔しました<(_ _)> 
by 内海舞 2019/01/11
内海舞さんへ

さすが舞さん!後から読み返したらなんだか言っていることがまとまっていない?と思えてきて^^;
わたしの場合、書きたいことをそのまま書くとかなりキツイ言い方になってしまいそうで。
舞さんは文書からも優しさが溢れ出ていて(それでいて芯の強さの感じるんだな〜)見習わなければ!といつも思います(*´ー`*)

自分の子どもを褒めるって意外と難しいです。
とくに、最近の長男は異常に反抗的になる時があって。長男は言いたいことだけいってコロッと切り替えてるんですけど(子どもってそんなもん?)わたしの方が全然気持ちが切り替えられなくて。自分のヒステリーさにたまにビビります...(苦笑)
もっと寛大さがほしいわ...(  ̄ ¨̯  ̥̥̄ )

ゴディバのアイスはFamily Martで見つけました!
結構な値段ですが、最近は少しの量でいいものを♡という楽しみ方をしています。

舞さんのブログにコメントし損ねたんですが、ハーバリムウ作られたんですね(❁´◡`❁)
二つがまったく違う印象で、それぞれ素敵でした♡

カタチもそうですが、それ以上に色の持つパワーって大きいですね。 舞さんの新しいスタイル(服)が見つかるの楽しみにしています◟̊◞̊ ◟́◞̀ ◟̆◞̆♡
by IDUMI 2019/01/10
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)うんうん、そうよね〜。
めっちゃ共感です。

「私が」と「あなたが」だけでなく、
「どう思うかは相手次第、相手の自由。そこは相手の領域」
てところも、大事ですね。
私は私が感じるままに感じたいけれど、
あなたもあなたの感じたいように感じていいし、
言葉にしたければそれもいい(言葉は選んでほしいけど)
ってことですよね(*´ω`*)

ところで(*´ω`*)
「私はこう思うよ」は、
褒めるときにもめっちゃ有効よね(*´▽`*)
子供が成長してくると、褒めるのが難しくなってくるのよね。
IDUMIさんとこはまだ、めちゃ褒めOKでしょうけど( *´艸`)

「おだてる」にしないコツの一つが、「私は」で伝えること。
「(あなたが)こうしていたから、こう言っていたから、
 お母さんは嬉しかったな♡(*´▽`*)」
「お母さんは安心したよ」「感心したよ」等々
ベタな褒め方にならなくて済むし、鬱陶しいと思われにくいの。
お母さんは勝手に喜んでいるからね〜、ってスタンスだからね。
思春期ちゃんは、おだてられたと感じると、
「その手には乗らないぞ〜」って反発するもんね。

けど、余裕がなくなるとなかなか冷静にはいきませんね。
私も「まだまだ修行が足りんな」とたまに思います( ̄▽ ̄;)笑

話変わって。
昨日のゴディバのアイス!めちゃキュンです(((o(*゚▽゚*)o)))
ローソンかな?
探してみよう!と思いました( *´艸`)
by 内海舞 2019/01/09