2016/03/05 00:37
当たり前に過ごしてきた日常が、当たり前のものではないと思い知らされた5年前。


あれから5年。

もう5年なのか。
まだ5年なのか。



同じ5年でも、それぞれ感じ方は違うと思います。




私の5年もいろんな事があったけれど、それまで生きてきた日常より、とても大切に生きた5年だったと思います。



当たり前の事は、実はとても特別な日々なんだと、そう思うようになったのは、5年前の震災と自身の2度の手術からだったと思います。




それまで、特に考える事のなかった自分の命の事。


むしろ、稽古とバイトに追われ過ぎて、好きな事をしていてその時その時の事しか考えられていなくて、短命でいいやとさえ思っていた若い頃。




今は、大切な家族も出来て、そして自分も大切な家族と思われている事に気付けて、もっと命を大切にしなければいけないと痛感します。



限りのあるものだから、誰にも明日が当たり前に来るという保証はないから。


と言ったら、何か淋しいけど、無限にあると思うと大切に出来ないですよね(>_<)



明日が来る事は、特別な事!

笑顔でいられるのも、特別な事!




私が、地元や被災地の為に何かしたいと思ったのは、私の方が励まされて頑張れてきたからです。



震災の後、地元に帰った時に見た母の強さや、ただ必死に暮らす、でもそれだけではなくて、希望を持って頑張っている人の姿にとても励まされました。



私が見えていた所は綺麗な所だけなのかもしれない。
きっと、もっともっと辛く苦しい人達はいるはずです。



でも、それでも地域全体が一つになって立ち上がろうとしていました。


被害にあった人達がそんなに頑張っているのに、私は何をしてるんだ?と、奮い立てられたり、たまに落ち込んだり…




この間の岩手わかすフェスで、岩手の未来の為のトークセッションがあり、議題は『岩手は今、わいているのか?』というものでした。



そこで、当日参加された方の小学5年生の息子さんがレポーターとして皆の意見を聞いてくれる役回りを勤めてくれたのですが、その男の子が言った言葉が本当に胸を突きました。



『震災はとても辛い事だったけれど、この震災をきっかけにわかす事は出来ると思う。』



震災を経験したのはまだ小さかった時だったけれど、この5年で、小さいながらもいろいろと感じる事があったんですよね。

子供でも、本当にいろんな事を感じて、いろんな事を学んできたんですよね。



これを聞いて、私ももっともっと学んで、何が出来るのか勉強して、自分に出来る故郷の復興を考えていきたいと思いました。




この5年。
まだ5年なのかもしれない。
もう5年なのかもしれない。


でも、たくさんの人の人生を変えた5年だったんではないかと思います。



また5年、10年、その先も。

忘れる事は出来ないし、忘れてはいけない事、命を大切に生きていきたいと改めて思いました。



普通の日常を大切に。
夢や目標、希望も大切に。



綺麗事なのかもしれないけれど、大切なものを大切にするって、それだけで命を大事にしている事だと思います。




今日も一日、笑顔で過ごせますように(o^^o)

まんまる笑顔でファイト〜!(笑)





読んでいただいて、サンキュも押していただいて、コメントも本当にありがとうございます!
とても嬉しくて、いつも励まされています(*^^*)


この小さい手も大切に。

image-46aa8.jpg
石川紗世さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ