2018/05/11 03:40
今回のイチオシのテーマは「子どもから学ぶこと。」です。

子どもが学ぶことから学ぶこと、という感じの話です。



今年、うちの子が小学校に入学しました。

どんな教科書を使うのだろう、と興味があったわたしです。

DSC_2374.JPG


国語の教科書といえば…。

載っていた作品には、大人になった今でも印象に残っているものがたくさんあります。

授業で長く深く関わった物語たち。テストもあったし。


ちなみにわたしがいちばん好きな国語の教科書作品は安房直子さんの「鳥」です。

中学校1年の国語の教科書でしたけど。

学校の授業の中で「恋」を扱っているのがちょっと珍しかったのです。

物語の美しい情景にも、うっとりでした。


さて、小学校1年生の教科書を見てみたら、読書に関するページが多くとられていて、うむうむとなりました。

読書大事〜。勉強のため以前に、絵本楽しいから。

絵本を読んでみよう、という紹介のページや図書室へ行こう、というページもありました。

学校の時間割を見てみると、国語は毎日ありますね。

1日2回国語がある日もあります。

図書室で行う国語の授業もあります。

わたしが子どものころってこんなに国語ばっかりあったっけかなあ…。

国語力、読書ってすごく重要視されているってことですよね。うむうむ。


うちの子もさっそく図書室から本を借りてくるようになりました。

しかし、学童から帰ってくるとごはん食べてすぐ寝るので、図書室の本読んでないし。

いずれ、学校の司書さんにごあいさつにうかがわねば(笑)。


そして音楽の教科書も興味がありました。

挿絵にクラリネットが載ってる〜。うむうむ。

ユーフォニアムはまあ、ないな…。

音楽の教科書には、わたしが好きなイラストレーターが挿絵を担当しているページもあり、ちょっと驚きました。



子どもが成長して、より読破しがいのある教科書を持ってくることを楽しみにしている母です。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ