2018/11/19 10:46
おはようございます、はるるんです。

お立ち寄りいただきありがとうございます。


昨日息子と大きな公園で遊んでいた時のこと。



今にも生まれそうなお腹をした妊婦さんを発見。


子供たちとラジコンで遊んでいたので
息子も自然に近づいていき、


私が「予定日そろそろですか?」

と聞くと


「実は、明日産むんです!」との返答。



、、、え?!?!明日?!


予定日はまだ1週間先らしいですが、
赤ちゃんの大きさも十分で、
帝王切開の予定なので、
もう産んじゃいましょう!と
なったらしく。


明日にはこのお腹から
赤ちゃんが出てくるのか!!!と
思うと、
驚きとワクワクした気持ちになり、

「頑張ってください!」と伝え

お別れしました。


息子も、
とっても間近で妊婦さんを見たのが初めてで、

帰ってからも
「お姉さん赤ちゃん産んだかな」と
何度もつぶやいていました。





身近な場面で、
「命」に触れられるのって

とてもイイな!

温かい気持ちになりました。





無事生まれますように!





2E17BA31-F3C6-4039-AD0A-A7E165B84359.jpeg


最後までありがとうございます。

※記事内容は全て個人の見解・感想です
春瀬はるかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/05/29 21:19
こんばんは!はるるんです。
昨日の記事、
沢山のアクセスありがとうございます!

そしてコメントを下さった
danngoさん
ありがとうございます♡

danngoさんから共感を得られると
いつもウキウキしてしまう私。
danngoさんに会いにいくってのも
私の今年の目標のひとつ。

またお返事させてください。



さて。


この世に産み落としてもらって
はや26年。

両親、兄弟、祖父母、親戚に始まり、
幼稚園
小学校
外部クラブ
中学
高校…
そして社会に出てから…


本当にたくさんの大切な出会いが
ありました。

そして、つくづく感じるのが、

【出会い】に恵まれているということです。


更に自分で言うのもなんですが、

【出会い】に自信があります。

…というより、

不器用な性格なので、

【適当な付き合い】ってのが
ちょっと苦手。


好きな人

そして、
嫌いな人
どうでもいい人…



どちらにせよ、関わったら、
手を引けないというか、

色々と覚悟した上で
とりあえず付き合ってみるというスタンス。

知ってようが
知らぬまいが
「あなたのこと知りたいです」オーラを
全面に出します。


苦手な人
嫌いな人も

「人」であり、

私にとって全てマイナスというわけではなく
たまたま相性の合わない時が存在するだけなのかもしれない…と


見えない「相手の可能性」に
なぜか賭けてしまう。


裏切られたり傷つくこともありますが、

真正面から
「私と関わって下さい!」と
衝突していくと、


ある程度まで深い関係を築ける。


冒頭にも書きましたが、

「好き」「嫌い」は、二の次。


それは結果の問題です。


付き合いながら、

「好き」なのか
「嫌い」なのか
「合う」のか
「合わない」のか


ゆらゆら探りながら生きてます。


そのせいか、
年齢関係なく、

友達も多いですし、

姉と呼べる存在も何人かいますし、

とても教育熱心な先輩方に恵まれ、

恩師との出会いもあり、

先生や、後半との関係も
とても強いと感じています。




自分のコンプレックスは、
本当にたくさんありますが、


でもひとつ長所を言うならば

【出会いセンサー】は

人より長けていると思っています。


同じ地球上に住んでる仲間。

求めれば、この世に出会えないひとなんて
いません。



自分に必要なときに
必要な出会いが、
きっとその連続が人生なのだと思います。


今日は
偶然の一年ぶりの再会と、

ステキな5人家族との新しい出会い、


その2つに巡り会い

とっても癒され
元気付けられました。


求めれば出会えると
信じています。


D3F01EA9-029A-4F35-B98E-3A47BC1A91F7.jpeg


※記事内容は全て個人の見解・感想です

春瀬はるかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/05/27 19:24
こんばんは。はるるんです。
お立ち寄りいただきありがとうございます。


今日はお隣さんの
奥様と、息子くんにお供させていただき
焼津市小川の浜辺へ。

なんて気持ちのいい場所!!!

B3629410-E901-4BE6-897E-92753B46EC9F.jpeg
3C14BD92-EE17-4BD1-88D9-FFAB3F3898AE.jpeg

奥さんとは
大の仲良し。

息子達も会話が成立してきて
じゃれあったり喧嘩したり
微笑ましい関係。

こんな偶然あるのかな?っていう
奇跡の出会いの連続から始まった
私達の関係。

この場所に越して来た時、
私は妊娠8ヶ月。

ご挨拶に伺ったお隣の奥さんもちょうど妊娠してる…と知った時は
アパートで1人旦那の帰りを待つ不安な日々に、希望を持たせてくれました。


息子より、半年先に生まれてくる予定とのこと。



お隣で、子供同士、同い年で、
生まれる前からずっと一緒。

出産してからは
当たり前のように
同じ場所で成長を重ねていく日々。

この繰り返される日々が

実はとっても特別な日々であると、

そう実感できるのは

この親子が一緒に「子育て」してくれるから。


辛い時も
泣きたい朝も
眠れない夜も

「お互い」にしんどさを感じてても

隣にいてくれる、ただそれだけで

本当に心強くて頼もしい。



この特別な出会いを
これからも大切にしたいです。


2人の小さな命が
私達を強く強く結びつけてくれています。


核家族同士の関わり。

子供は1人じゃ育てられない。


でも夫婦だけの力と器では
補えないときもある。

そんな時、
同じ時に
同じ気持ちを
「分け合ってくれる」そんな同志がいることに感謝しかないし、


今の暮らしを
好きでいられるのは
明らかにこの親子の力が大きいと
実感しています。




最後までありがとうございます。

※記事内容は全て個人の見解・感想です





春瀬はるかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ