2018/07/31 00:00

2018年夏 リプトン期間限定ストア 表参道店 の様子です。




47653620-6BD5-4461-A9C5-58172183D840.jpeg

2018年盛夏。某日、リプトン期間限定ストア "Fruits in Tea TO GO" 表参道店に行ってきました。


お店の場所は、表参道B3出口すぐ。ZeroBase表参道1Fです。

以前も同じ場所で期間限定ストアを営業されていたように記憶していますが、行くのは初めて。



メトロの出口を出ると、すぐに行列が見えました。

ED66B3B6-D218-46D5-9397-75994E614993.jpeg
*店舗の様子。

本日も大盛況です。


時折照り付ける真夏の日差しを日傘でよけつつ、列に並ぶことにします。

「リプトン 期間限定ストア」は混んでいる、というざっくりした思い込みを持っていたので、この行列にどれくらい並ばなくてはならないのか?買った後座って休めるのか?と懸念していましたが、実際には、列の整理・人の誘導も十分されており、待っている人や通行人で混乱が起こる様子は全くありませんでした。


後述しますが、席に座るのも、問題なし。



この日、並び始めから、商品を受け取るまでの所要時間は、30分くらいだったと思います。

*待ち時間等、日によって違うはずです。恐れ入りますが、HP等参考に、詳しくはご自身でご確認ください。



列が進んで順番が近づくと、メニューを渡されます。

E2C29FA0-A84B-42E1-A00B-774DC476065C.jpeg


事前に、タンブラーを3種類から選びます(使い捨てカップも有)。

タンブラーとフルーツティーで、1,000円(税込)です。

タンブラーのデザインを選んだら、すでに内容が決まっている「スペシャルメニュー」か、自分でカスタムする「カスタムメニュー」かを決めます。


カスタムメニューの組み合わせは60,000通り!

1 コールドブリューティー

2 ベースフルーツ 1種類

3 トッピングフルーツ 2種類

4 スペシャルアクセント 1種類

5 シロップ 1種類

を、メニュー表からチョイスするシステム。

なにを選ぶか、悩む時間もまた楽し。



しばらくすると、店員さんが注文を取りに来てくれます。

タンブラーは、1番シンプルなデザインを選びましたが、これは、メインデザイン。


6706AF2C-8B5C-45CF-8E73-E4D1701894B1.jpeg

選ばなかったふたつのうち、ひとつが店舗限定、もうひとつが表参道限定デザインのようです。

そのことを後になって知り、俄然表参道限定のボトルにすればよかったような気持ちになります。

後悔先に立たず。



大阪店には、大阪限定のデザインボトルがあります。



わたしが作ってもらったオリジナルフルーツティーは、

1 コールドブリューティー=アールグレイ

2 ベースフルーツ=オレンジ

3 トッピング=マンゴとピーチ

4 スペシャルアクセント=ミント

5 シロップ=なし

6706AF2C-8B5C-45CF-8E73-E4D1701894B1.jpeg

2階に席があるので、みなさんそこで飲むのかと思ったら、ほとんどの方がお持ち帰り。

なるほどコンセプト、"TO GO"。

自宅での再現イメージになりますが、

4E74E7A4-BECC-4829-AB2F-3495B443A0F7.jpeg
*中身は抽出中のジャスミンティーです。

上のような角度で写真を撮られる方、多数。


暑かったので、2階席で休憩させてもらうことにします。

736AF9C6-2C09-481F-ACAC-9127EE5D82F4.jpeg

レモンイエローのフレッシュな印象の店内。

座席のある2階は狭小スペースですが、わたしたちが訪れたときは比較的すいており、お客さんで混雑混乱……もありませんでした。

みなさん譲り合って座っていたように思います。

回転も速い。


薄い記憶とグーグルさん情報を組み合わせると、昨年も今年も、お店の注文スタイル・席数は同じ。

でも、昨年のほうが混雑していたような?


この人気でこの少ない席数では、大混雑して当たり前のような気もします。


しかし、わたしが行ったときの所感と、ネットやSNSでの検索結果を掛け合わせると、当日は「混んでいる」ほどではないように思いました。

今年、コンセプトに"TO GO"(お持ち帰りの意)が掲げられたことが、2階席の混雑緩和に一役買っているのでしょうか。

わたしが思っただけです。

違ったらごめんなさい。



*店内の混み具合等、日によって違うはずです。恐れ入りますが、HP等参考に、詳しくはご自身でご確認ください。(2回目)








ともあれ、今回は屋外で多少並びましたが、スムーズに全てが進んでいきました。

ありがたい。



2階・壁面は圧巻のボトル・デコ。(透明と黄色なので、圧迫感はないです)


68B06818-A5B9-46B5-82E7-B8899E27D415.jpeg


味は……


最初は主にアイスティー。



夏に飲む、冷えた紅茶、なんておいしいんでしょう。


わたしは、暑い日のアイスティーが大好きなのです。

そしてわたしは、アールグレイが好きなのです。

それだけでおいしい。


A86C4716-D25B-419D-914F-17C1CF0759E5.jpeg


ストローでつついたり、タンブラーをブンブン振っていると、底部にあるフルーツやアクセントが効いてくるので、徐々に味が変わっていき、おもしろいです。


氷が溶ける前なら、なんどでも紅茶をお替わりできるので、2杯目をチャージ。

その頃には「果物感」がかなり出てて、最初の「アイスティー」から「フルーツティー」に華麗に変身を遂げていました。

1回でいろんな味の変化が楽しめて、どれもおいしかったです。

ごちそうさまでした。



持ち帰ったタンブラーは洗って、自分用ジャスミンティー・ボトルとして使用中。

EE65DDA4-99E8-4636-8DDC-1D01815505A7.jpeg


家庭内でジャスミンティーを飲むのは、わたしだけ。

これまで小型のガラスのピッチャーで、ひとり分作っていました。

しかし、ひとり分にしてはピッチャーのサイズが大きすぎるのと、横置きできないのとで困っていたのです。

リプトンのタンブラーは580ml。

1バッグで500mlという手持ちのジャスミンティーにぴったりです。

元気なイエローカラーも素敵です。


造りもしっかりしている感じがします。



家の中で持ち歩いていた飲み物を、グラスからこのタンブラーに変更。


まさにおうちでも"TO GO"。


*密閉ではないと思うので、横置きしてこぼれないという確証はありませんが、わたしが庫内でほぼ水平に置いたときは、中身の漏れはありませんでした。



外に持って出かけるときは、製氷機で凍らせたジャスミンティーやアイスティーを入れて、少しでも冷たさをキープできないかと、考え中です。





リプトン期間限定ストア 表参道店は 2018/9/6 まで。

9月も暑い日が続きますから、もう少し長くやってもらえるといいのですが、残念です。


期間中もう一度行けたら、「グリーンティー」をベースにしてカスタムしたい!

もう一回行きたい!




暑い日に列に並んで購入した際は、最初に「冷え冷えフルーツティータンブラー」を頬や首元にタオル越しにでも当てるのをおすすめ。

のぼせた頭も、しゃっきりします。

熱中症に注意して、おいしく飲みましょ。

*写真・リンク許可有。







mihoyamana
mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ