2019/08/20 10:00

皆様こんにちは。

今週のデイリーサンキュ!を担当している

トップブロガーのここゆきと申します。



2日目からは私達親子が実際に参加した

無料または格安で楽しめる

夏休みの自治体イベントを

紹介したいと思います。




今回は食いしん坊にはたまらない

学校給食調理場の見学についてです♪



普段子ども達が食べている

学校の給食が作られている調理場。

どんな場所なの?

たくさんの給食をどうやって作っているの?

そんな疑問を実際目で見たり

おもちゃを使って疑似体験したり

分かりやすく教えてもらいました。



私達が見学した調理場は

毎日1万人分の給食を作っている

大きな調理場で

この大きな釜は1,000人分の

料理が作れるそうです。

190820.jpg


コロッケやフライなどの揚げ物は

ベルトコンベアーが付いた

この機械で食材を流しながら

揚げていくそうです。

C6B3DFE0-E3F4-4CD9-8B2E-839C8EDB031C.jpeg


調理員さんが使う木ベラは

娘(身長112センチ)よりはるかに大きく

動かすのも一苦労でした。

3DA42E12-23AA-47DD-97CF-F58C47C50FC2.jpeg


最後に調理場で作ってもらった

給食をみんなでいただきました。

67BB1E33-9C1A-41B7-8D37-20FCEED86CD9.jpeg

ちなみに左上のサラダは

小学一年生の秋に国語で習う

サラダで元気というお話を元に

作られたサラダでとても美味しかったです。




今回の給食調理場の見学の参加料は

給食代として1人400円でした。

普段食べている給食が


どんな風に作られているのか


調理員さんが大変な作業でも


子供たちのために頑張って


給食を作ってくれている事を知れて


とても為になりました。






(掲載の許可を得ています)








*最後まで読んでくださりありがとうございます*
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)