2011/05/29 05:23
星ご訪問ありがとうございます星



関東地方、梅雨入り雨早い…汗


暑さが続いた先週、
少々気が早いかな・・・と思いつつ
すだれをかけ、日よけネットを張り
扇風機を出して
「夏」の準備をしました。



窓の外にかけた
すだれの向こうに見える
雨模様に
「やっぱり私ってせっかち汗
ココロの中で自分に苦笑ウインク



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



高校のテスト期間、終了。


3年生の長男は、高校に入学して
「過去最高に」頑張った様子メモ


彼なりにウインク



自らヤル気になり、自主的に頑張った。


ナゼ、今 勉強するのかはてな
ナゼ、進学するつもりなのかはてな


その意味がわかるようになった感じ。


周囲からいつも言われていたことを
自分なりに噛み砕いて消化し、
自分のものにすることができた。


それでいい。

いや、充分ドキドキ小




テストが終わった翌日、彼が言ってきた。


「行きたい大学を調べてみる」


私が返した答えは、たった一言。


「了解びっくり




最近、我が子の子育てには
余分な言葉は要らないと悟った。


小さな頃に厳しくしていたからかはてな

長男という「上」の立場ゆえかはてな

気持ちが優しいのかはてな



長男は「私が喜ぶこと」や
「私の助言に従う」といった傾向があるよう。


小さな子でいうと、
「親の顔色を伺う」といったところ。


これはマズイびっくり


自分のことは自分で判断できるようにしなきゃ汗


これに気付いてからは、
「私はこう思う」という
意見を言わないようにしている。


「そうなんだ〜」「へェ〜」

話は聞くだけ。



もし、何かを聞かれたら
「○○はどう考えてるの?」


まず、彼の考えを聞いてみる。


それに対して、危険なことがない限りは
「じゃあ、それやってみたら?」


こう言って終わり。


しばらくこんなやり取りを続けていたら
ちゃんと自分で考え、
行動できるようになってきた笑い


小さな頃にこうしとくべきだった・・・


でも、高校生の今でも十分間に合った。


高三の今、進路決定が迫っている。



親からすれば

「ある程度のレベルのところに・・・」

「名の通ったところに・・・」

「就職に有利なところに・・・」


つい、こんな風に考えてしまう。


少なくとも、ちょっと前のまでの私はそうだった。


でも、今は全く違う。


「自分が選んだ、興味のあるところに進んだらいい」


こう思っている。


幸いにも、オットは学歴や肩書きに興味がない。


元気ならどんな仕事でもできる。
なんでもいいから仕事をして生きていけばいい。


かつての自分がそうだったように、
子供にもこういった考え方。


親らしくない・・・


学歴が大事だと思っていた私は、
「なに考えてんだろ。甘いよ・・・」


こんな風に思っていた。


でも、親がどんなにいい道を臨んでも、
「親に言われから」
「親が喜ぶから」
「世間体を気にして」
といった選択肢に、
納得しないまま進んだとしたら…
いつかきっとそれは壊れる。


多少、遠回りしてもいい。


今年がダメなら来年受験したっていい。


途中で方向転換したかったらすればいい。

そこからまた新しい何かが
発見できる可能性も広がる。


たとえ高校生だろうが
どう生きるかは、自己責任。


一生に一度の人生、
自分で決めてやってごらん笑顔


最近、子供に対して
こんな風に考えられるようになった。




我が子達がこれから
どんな選択をしていくのか
楽しみに見ている笑い


子育てを通し、私自信を育ててもらってる。


最近、とてもそう思う笑い


子供は私の教材はてなはてなウソウソッ汗


生まれてきてくれてありがとうドキドキ小



子育て、バンザイびっくり


毎日、楽しいラブ







最後までお付き合いいただき
ありがとうございましたドキドキ小
台風が接近しているようです。
皆さん、気をつけて下さいネクローバー
ゆーりん。さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ