1. トップ
  2. 家事
  3. 使える食材No.1「鶏胸肉」アイデア4選

使える食材No.1「鶏胸肉」アイデア4選

2018/02/24【 家事 】

たくさん料理を覚えなくても、使い慣れた食材を極めれば食卓はムダなく豊かにできます。特に鶏胸肉など「低コスト食材」を極めれば、それだけで食費はダウン。甘辛、さっぱりなど味つけを変えて、どんどん使い倒して。

鶏胸肉は「しっとりソテー」が使える

パサつきがちな鶏胸肉は「しっとりソテー」にすると、驚くほどふっくらやわらかく仕上がります。室温にもどした鶏胸肉2枚を両面中火で2分ずつ焼いたあと、火を止めればOK。ふたをして15分放置!

繊維を断ち切ると口当たりがなめらかに

鶏胸は繊維を断つよう切ると、さらにやわらかく仕上がります。まずは、繊維の向きの変わり目(写真の中央線)でカット。右半分は横に平行に切り、左半分は斜めそぎ切りに

ふりかけでうま塩系の「ゆかりチキン」

鶏胸肉にオリーブ油とゆかりⓇをまぶしたらポリ袋に入れて、冷蔵室で3、4時間置くだけ! 焼く15分前に室温に置いてからソテーすれば、うま塩しっとりおかずが完成

トマトしょうがだれで「さっぱりソテー」

お疲れの日は、鶏胸のしっとりソテーに、トマトとしょうが、酢、はちみつを合わせたさっぱりだれをかけるだけ。さわやかな酸味で食欲が倍増! どんどん食べられます。

調味料を絡めて韓国風「甘辛のりチキン」

しっとりソテーの焼き上がりにコチュジャンと砂糖、しょうゆの甘辛だれをからめて韓国風に。さめてもおいしいので、おべんとうおかずにも最適です!

粒マスソースをかけて「大人味ソテー」

チキンの蒸し汁やオリーブ油、粒マスタードなどを合わせた「粒マスソース」をかけても美味。白ワインなどにもよく合う、大人の味の「おつまみおかず」ができます。

鶏胸肉を使い倒すだけで、ムリなく食費コストをカット。バリエ豊富な「鶏胸のしっとりソテー」をぜひ試してみてください。

『サンキュ!』3月号「めざせ、「-5000円」。“食費の見直し”大作戦!」より一部抜粋
掲載している情報は2018年1月現在のものです

調理/井上かなえ(てんきち母ちゃん) 取材・文/RIKA(『サンキュ!』編集部)

記事を書いたのは・・・

RIKA(サンキュ!編集部員)

産休復帰したてのママ編集者。日々、育児と家事と仕事の両立に奮闘中。実生活でのリアルな悩みに基づいたリアルな企画提案をオールジャンルで実践中


『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP