1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 自分は「物が捨てられないタイプ」だと思う人は約60%

自分は「物が捨てられないタイプ」だと思う人は約60%

2018/07/12【 ライフスタイル 】

主婦200人に「物が捨てられないタイプだと思うか?」聞いたところ、全体の約60%の人が「はい」と回答。ではなぜ「捨てられない」のでしょうか? 「捨てられない理由」と、「捨てられないことで起きた仰天エピソード」を聞いてみました。

約60%の人が「自分は物が捨てられないタイプ」だと思っている

Q6.自身は物が捨てられないと思うか

自分自身が「物を捨てられないタイプだと思うか?」の質問に、57.6%の人が「はい」と回答しました。

私が物を捨てられない理由はコレ

「物を捨てられないタイプか?」に「はい」と答えた人に、捨てられない理由を聞いてみました。

<物を捨てられない理由>

「人からもらった物は、相手のことを考えると捨てづらい。」

「物すべてに思い出が詰まっている感じがして捨てられない。」

「『いつかまた使う』と思ってしまう。」

「もったいないと思ってしまう。」

「以前、捨てすぎて後悔したことがある。」

「高く売れるかもと思ってしまう。」

物が捨てられないことで起きた、仰天エピソード

では、「物が捨てられない」ことで、困ったことはあるでしょうか? 仰天エピソードをご紹介いたします。


「収納ケースが、キャパオーバーで壊れた。」

「大量の服がクローゼットからなだれとなって飛び出してきた。」

「収納ケースにしまいっぱなしの服にカビが生えていた。」

「物置き部屋に置いていた段ボールから謎の虫が発生した(怖)。」

「懸賞で当てた高級レストランの食事券5万円分が荒れた部屋に埋もれて、見つけたときには期限切れだった!」

「段ボールに入ったままの不用品。捨てられずそのまま引っ越し先にも持って行ってしまった。」

「使おうと思ったものが、埋もれて探せず、また買ってしまった。」

「ゴミ屋敷に近づきつつある。」 などなど。

親から引き継いだ「もったいない精神」の影響も

人からいただいた物や、思い出の詰まった物はなかなか捨てられないですよね。なかには親や祖父母世代が、「いつか何かに使えるかも」と、物を大切にとっておいた環境で育ったからという声も。ともあれ自分のキャパ以上の物を抱え込むと、大変なことも起きそうです。ライフスタイルの変化に合わせて、自分にとって適正な量の物と快適に暮らしたいですね。

(文・田谷峰子)

*サンキュ!モニター200人アンケート調査 2018年3月実施

関連するキーワード

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP