1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【先輩ママが証言】ママ友とラクにつきあうための「4つのキーワード」

【先輩ママが証言】ママ友とラクにつきあうための「4つのキーワード」

2018/06/04【 ライフスタイル 】

子どもがいると、”ママ友とのつきあい”は避けて通れない問題。子育ての悩みを共有できたりする良さがある反面、つきあい方に悩んでいる人も。
そこで今回は、『サンキュ!』の読者アンケートから見えてきた、ママ友と上手につきあうための4つのキーワードをご紹介。自分らしいスタンスを見つけた先輩ママたちの声をお届けします。

キーワード1:ほどよい距離感

ママどうしのつきあいで感じのよいあいさつは必須。でも、それさえ守れば、家の行き来はしない、連絡先は交換しないなど、自分なりに線を引いても問題なし、というママ多数。

★先輩ママの声
気が乗らない誘いは行きません。でも、あいさつはきちんとして、話しかけてくれたら笑顔で対応。ふだんの関係を悪くしなければ大丈夫!(mikaet725さん・27歳)

キーワード2:割り切る

ママ友はむずかしい人間関係の1つなので、失敗することもあって当然なんです。期間限定、ランチ会もその場限りのつきあいなど、割り切って考えるとラクに。

★先輩ママの声
波長が合わない人がいても、子どもの成長とともにママ友との関係も変わります。「今だけのこと」と考えると気がラクに(F・Rさん・46歳)

キーワード3:気の合う人とだけ

広く浅くつきあおうとして疲れ果て、気の合うママ友だけいればいいという境地に至ったママ多し。ママ友がいなくても困らないという人は、もちろんそれでOK。

★先輩ママの声
大勢と仲よくする必要はないけれど、やっぱり1人はしんどい。大事なママ友が数人いれば充分!(T・Kさん・36歳)

キーワード4:子どもや家族がメイン

子どもや家族と楽しく過ごすことがいちばん!と考えている人は、ママ友に振り回されず、必要なときはサラリと断れて、多少うまくいかないことがあっても早く立ち直れるよう。

★先輩ママの声
生活の軸は自分の家庭なので、それを最優先。本当の仲間ならいつも行動を合わせなくても悪く思わないはず!(M・Aさん・33歳) 

ママ友に対して違和感を感じたり、モヤモヤした気持ちを抱えたままでは、つらいもの。ママ同士のつきあい方に悩みがちな人は、この4つのキーワードを参考に考え方を変えてみるのもいいかもしれません。

参照:『サンキュ!』6月号「ママ友っていないとダメですか?」より一部抜粋。掲載している情報は18年4月現在のものです。監修/石原加受子 構成・文/神坐陽子
『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

関連するキーワード

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP