1. トップ
  2. リビング
  3. 子だくさんママ発!毎日の料理を一生ラクにする5つの方法

子だくさんママ発!毎日の料理を一生ラクにする5つの方法

2017/05/18【 リビング 】

サンキュ!トップブロガーの木下恵梨さんは13歳、11歳、9歳の3人の男の子のママ。子育ても家事も完璧にこなそうとしていたら、体調を崩してしまったそう。そこで当たり前と思っていた家事を「やめる」&「割り切る」ことにしたら、気持ちも家事もウンと楽に。頑張りすぎないための料理のコツを教えてもらいました。
おしゃれな食卓より洗い物がラクな食卓へ

_DSC0017.jpg
カフェ風ワンプレートにしたときもあったけど、食べ盛りの息子たちにとっては見栄えよりボリューム! 鍋ごと、フライパンごとテーブルにのせたらボリューム感が出るし、洗い物の数も減りました
 
べんとうは夕ご飯の残りでよし
_DSC0038.jpg
夕飯を少し多めに作ってべんとう用カップに取り分け。朝はこれを詰めるだけなので一切、火を使いません
 

味付けは市販のたれに頼る
_DSC0027.jpg
味つけに迷ったら「焼き肉のたれ」でパパッと調理。にんにく&しょうが、みそを加えることで味にバリエーションも 
 

メインは肉、副菜は野菜と決める
_DSC0023.jpg
とにかく肉が食べたい息子たちなので、「メインは肉、副菜に野菜や豆腐」とパターンを決めたらメニューを考えるのもラクに
 

下ごしらえをもう頑張らない
_DSC0036.jpg
余裕のある午前中に野菜をカットしておけば、忙しい夕方の調理の手間をグンと減らせます

なにより大切なことは子どもたちがもりもり食べてくれること。大変なときは手を抜いたって、市販の調味料に頼ったっていい! 「やらなくちゃ」という思い込みを見直すことで、毎日の料理がグーンとラクになりますよ。

参照:『サンキュ!』5月号「毎日の家事を一生ラクにする方法。」より一部抜粋 撮影/林ひろし、構成/竹下美穂子、取材・文/秋山由紀
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP