おうち

「床に物を置かない」だけで手に入る「スッキリ部屋」への道3

16.10.P34メイン.jpg
面倒な片づけナシで、いつもスッキリした部屋で暮らしたい! その夢、実はけっこう簡単に手に入るかもしれません。例えば「床に物を置かない」だけで掃除の手間は半分以下など。そんな「スッキリ部屋の道」へ続く3つのコツがこちら!


1.「床に物を置かない」だけ心がける
家族で「床に物を置かないこと」をルール化。「生活用品はかごや箱で指定席をつくり、元に戻すよう心がけました。夜寝る前にリセットすると、翌朝気持ちよくスタートできます」

16.10.P36-1.jpg

2.お気に入りの掃除道具でモチベーションを高める
元々掃除は苦手。だからこそ多少高くても、気に入った道具をそろえています。「お気に入りの道具が使えると思うと、片づけや掃除をするのも前向きに。ハードルが下がりました」


3.狭い収納に収まる量しか持たない
収納スペースが少ない家だから、物量も自然と減らすように。「子ども服も棚1段分だけ〞。サイズアウト後すぐに処分するクセがつきました。服の数をしぼったら、選ぶのもラクに」


いかがでしたか? お話をおうかがいしたyuriさんは、「見えないところはざっくりでいいと割り切って、表に物を出さないことだけを徹底したら、自然と片づけグセがついた」そう。ぜひ参考にしてみて♪


参照:『サンキュ!』7月号「リバウンドしないちょっとしたコツ」より一部抜粋 監修/yuri、撮影/砂原文、取材/田中理恵、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

 



<お知らせ>
 「サンキュ!LINE公式アカウント」がスタートしました♪今すぐできる素敵な暮らし情報をお届けします。ぜひお友だち追加してくださいね。