2011/03/17 20:25
この度の東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

時間の経過と共に明らかになる被災地の現状に、胸が締め付けられる思いです。

母を亡くした男の子が息子の姿にダブり、泣いていた小さな子が娘に見え・・・本当に本当に心が痛いです。

そんな状況の中で、今を必死に生きていらっしゃる被災地の方々の事を思い、また関東では停電で大変不自由な思いをされている事を考えると、PCを開く気になれず今日までお休みさせて頂いておりました。

正直、ココまでの文章を打つのにも納得できる言葉が見つからず、何度も書いては消し・・・を繰り返している状態ですが、今日からまた再開させて頂く事にしました。

直接の被害を受けなかった私達にこそ出来る事を、無理のないように自分なりの方法でやっていけたらと考えています。

復帰には本当に沢山の時間がかかると思います。

援助も長いスパンで必要になってくると考えられます。

被災地の方々が、忘れられた・・・取り残された・・・と感じる事のないような援助の形がとれたら・・・と願います。

被災地の方々に一日でも早く笑顔が戻りますように・・・祈っています。


       クローバー   クローバー  クローバー  クローバー  クローバー  クローバー  クローバー

先日、淡路島出身のお隣さんから、我が家にとっての春の味『いかなごのくぎ煮』を頂きました。


関西でも全域ではないみたいですが、関東の方ではメジャーではないのかなはてな

正直なところ、毎年頂くようになったのは私も嫁いでからなのですが汗

主人の実家が神戸で明石の魚の棚商店街にも近い事もあり、義母が美味しく炊いてくれたのを毎年楽しみに頂いています。

近頃は大手スーパーでも手に入るようになり、レシピまで用意してあったりするのですが、嫁暦16年になりますが、未だに自ら作った事は無しダメ

う〜ん、嫁失格かな〜汗

お弁当のご飯の隅にチョコッと入れたり、お握りにしたり、モチロンそのまま暖かいご飯に乗せて・・・と春の味を楽しませてもらっています。

2,3日前のテレビで、明石の商店街で『いかなご』の売り上げを義援金に・・・というニュースをやっていました。

問い合わせ先の電話番号を控えられなかったので、コチラで詳しくご紹介する事は出来ないのですが、こんな形でも被災地に援助する事が出来るんだと気付かされました。


私の市では被災地に送る物資をトイレットペーパーに限り募集をしていたので、今日子ども達と市役所に持って行って来ました。

寒空の中、市役所の方々が一人ひとりに丁寧にお礼を述べられ、また黙々と仕分け作業をされる姿がありました。

帰り道では、それぞれ12ロールのトイレットペーパーを重そうに一生懸命に運ぶ小さな兄弟とすれ違いました。

優しく「もうチョッとだから頑張れ〜」と声をかけていたお母さんの手にもトイレットペーパーがありました。

きっとお母さんが子ども達に色々お話されているから、子ども達も小さいながらに頑張ってるんでしょう。

私も折に触れ、子ども達と一緒に出来る事をやっていけたら・・・と改めて思いました。



明日は息子の卒業式です。

式の冒頭で今回の震災で亡くなられた方に黙祷を捧げる事になっているそうです。

私も改めて、犠牲になられた全ての方のご冥福をお祈りしたいと思います。


被災地の皆様、どうかどうか生き抜いてください。

遠く離れた地域でも、皆さんの事を思っている人が沢山いますから。


そして首都圏で停電で毎日不自由な思いをされている皆さん

私が以前に住んでいた神奈川、茨城の聞きなれた地名を目にする事もあり、遠く離れていても人事とは思えずにいます。

一日も早い復旧を祈るばかりです。









のんのんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ