2016/08/07 10:02
看護学校の頃から

就職したら一度保険を見直したい

と考えていて



Todoリストに入っていたにも関わらず

優先順位が低かったので1年も実行できませんでしたたらーっ(汗)


やっと順番が回ってきて(遅いww)

このたび8年ぶりに

生命保険の見直しを行いました



私が保険を本格的に掛け始めたのは

離婚した後



今までは自分の葬式代が出ればいいや〜

位にしか考えていなかったけれど

母子家庭になった途端

保険掛けなきゃあせあせ(飛び散る汗)

と思い立ち様々な保険を扱っている

(よくCMでも流れていますよね)

相談窓口へ駆け込みました



その時はとにかくお金が無かったので

「掛け捨て」

「保証は最低限」

で組み合わせてもらいましたぴかぴか(新しい)



親身になって相談していただき

気分的に安心したのを覚えています







今回なぜ見直そうと思ったかと言いますと


なんとか子育ても半分過ぎて

(そして保険金を使うこともなく)

そろそろ自分の老後も考えておきたくなったからです



私はみなさんのように堅実なタイプではなく

貯金を全部つかって

(さらに奨学金借りちゃったりして)

看護学校に入ってしまうような

どちらかというと勢いで人生決めてしまう人間なので

自分に迷惑がかかるのは納得できるのですが(自業自得あせあせ(飛び散る汗)

何かあった時に息子に迷惑かけるのだけは

してはならないと思ったんですね



息子に迷惑かけない為にも

そして自分が楽しく生活するためにも(←こっち本音)

保険と貯蓄も兼ねようと思いました



何かあったら保険金として使う

何かなく定年を迎えたら生活費や楽しみの為に使う

その両方を兼ね備えた保険に入りました


今までの保険も継続でOKということでしたるんるん


8年前の保険屋さんが

考えてくれた組み合わせも

良く考えられています

と言って頂いて

会社が違うのにこのような言葉を頂いて

嬉しくなりましたるんるん




サンキュ!でも

以前、老後に必要なお金の特集がありました

image-918c7.jpeg
サンキュ!1月号のコース別試算ページ


ここを読みながら

ふと

母子家庭って老後1人だから

同じ額貯めたとしたら

1つ上の楽しみもできるかも


と老後が楽しみになってきました


そして今回

初めて外貨の保険を選択しました



時代も変わりますし

お金の価値も変わってきます


例えば今、1000万円の保険金を受け取るのと

20年後1000万円受け取るのでは価値が違うということです

ガリガリくんも値上げされましたし

物価が変動しているんですよね

なので

そこを少しだけ考慮して外貨積立型の保険を選択しました

もちろん、リスクもありますけどねww




1つ心に引っかかっていたこと

終わらせることができて

スッキリしました



社会的に母子家庭でいられるのはあと5年(子が18歳まで)

その間にできることをやっておこうと思っています
おのまりさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)