2017/11/22 11:08
5歳の息子の「七五三でかかったお金レポート」第四弾です。

第一弾はこちら

七五三の衣装代

第二弾はこちら

七五三の撮影代

第三弾はこちら

七五三のアルバム代

本日の記事は、これまでに書いたもの以外でかかった七五三の費用についてです。

まずは初穂料(はつほりょう)、七五三のお参りで神社に祈祷をお願いした時に渡すお金です。

こちらは予約の電話をしたときに、金額とおさめ方の指定がありました。

指定されたおさめ方は、ご祝儀袋に入れて受付に渡すようにというもの。

料金が決まっているのにご祝儀袋・・・・?

と少し違和感を感じましたが、その後七五三について調べていたら一般的なことなのだと分かりました。

「ご祝儀袋か、白封筒にいれておさめる」と、冠婚葬祭マナーについてのホームページいくつかに載っていました。

そのままお金を受付に渡すのは、神様に対して失礼なことになるとのことで。

ご祈祷は七五三以外の参拝客も一緒で、合計で15名くらいいました。

ご祈祷の中で神主さんに自分の名前を呼ばれ、若干盛り上がる息子(笑)

前へ出て行って、神主さんから玉串(植物のサカキ)を受け取り、神前へささげる玉串礼拝(たまぐしれいはい)というのを行ったのですが

1人で前へ出ていくのが不安な息子・・・・(~_~;)

夫と一緒に行きました(^^ゞ

親子で前へ行ったのは息子だけではなかったし、神主さんも普通に渡してくれていたので、問題はなかったようです。

帰りにはお土産をいただいて、ご祈祷は終了しました。

お土産の袋に入っていたのは「おふだ、千歳あめ、かるた」。

ここまでは七五三らしいなぁと思ったのですが、なぜか「お弁当箱、ミニカー、おもちゃ」まで (゜o゜)

現代のお土産だなぁとびっくりしましたが、息子は大喜びでした。

七五三のご祈祷は、予約の段階で金額を伝えられていたのですが

初穂料は 

10000円 

でした。

8f87dd_c795ba9631d64269974724503fbf21f8-mv2_d_5125_3417_s_4_2-ec5d1.jpg

ご祈祷が終わった後は、家の近くのレストランで会食をしました。

行ったのは、関西、東海、関東地方と岩手県にチェーン展開する「かごの屋」というお店。

和食、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で、無料の個室もあります。

今回は直前の予約で個室が取れなかったのですが、普通のフロアもゆったりとした造りだったのでくつろげました。

今の時期は七五三のお祝い会席料理もあるようですが、我が家が七五三を祝った八月下旬は通常メニューだったので

普通のしゃぶしゃぶと一品料理の食べ放題のコースにしました。

大人は飲み放題をつけたのですが、妊娠中の私の分はソフトドリンク飲み放題を選んでもよいとのことでした。

全員同じメニューを選ばなければならない食べ放題のお店が多い中、ありがたいことです(^^ゞ

65歳以上のシニア割という540円割引がきいたり(大人6名中、3名)

夏の特別割引で、飲み放題の540円割引がきいたり(大人6名中、5名)

小学生未満は無料なので、メインの息子の食べ放題料金がかからなかったりで

大人6名とこども1名の、合計7名での会食でかかった料金は

27990円

でした。

8f87dd_d1ffb63d9d364494a027b62640cf1308-mv2_d_3546_5319_s_4_2.jpg

七五三でかかった料金をまとめますと

七五三の衣装代  

6300円(税・送料込)


七五三の撮影代 

36720円(税・出張料込)


七五三のアルバム代  

7440円(税・送料込)

初穂料  

10000円

7名での会食  

27990円(税込)



全て合計で


88450円

でした。

ただ、親族からお祝いをたくさんいただいてしまったので、実際に我が家から出て行ったお金はずっと少ないです・・・(^^ゞ

私が「全前置胎盤」という異常妊娠中の七五三だったので、もしかしたらお祝いをする前に緊急入院になってしまうのではないか・・・なんて不安もありましたが

無事に参拝も写真撮影もできたし、みんなにお祝いしてもらえて、息子もとっても嬉しそうでした。

しっかりアルバムも残せて、いい思い出が出来ました。

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆
堀江麻衣さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)