2018/08/11 11:50


 子供が生まれたら、義実家での対応がぐんと良くなった三田です。
 イヤッホウ!ლ(´ڡ`ლ)


 昨日から宮城に帰省中で、現在義実家にてお世話になっております。



 娘、チャイルドシートに号泣。
 息子はチャイルドシートは好きだったので(靴下にはうるさいのに)兄妹とはいえ全くの別人だよなぁと楽しんでいる次第。



 義父、義母、義姉と大人が3人増えたので、息子は甘やかされ放題で楽しそうです。


 こっそり水ようかん2つ食べたの、母は知ってるぞー。
 家じゃ駄目だけど、祖父母宅では良しにしています。
 特別だからね、と。



 近居同居でこれだと争いになりますが、年に2回2泊3日するだけなので!
 諦めて見ないふり!
 平和!
 圧倒的平和!



 今回帰省中の気持ちが軽いのは、自分を甘やかす事にしたからです。



 9月に、好きな俳優さんの舞台を見に行くことにしたのです!



 予約しました、チケット取りました、しかもしかもの2人芝居!
 


 うおおおおおおおおおおお!


 うおおおおおおおおおおおおおお!


 子供2人夫に頼んじゃう!
 日曜日の14時からなんて、行けと言われているとしか思えない!
 しかも、銀行のポイントの還元でチケット代と同じ金額が振り込まれた所!(私のお小遣い)

 何そのミラクル!

 行くしかない!
 行く!


 
 それがあるなら帰省も頑張れる!
 夫に子供を頼んで遊びに行けると思えば、些細な事などどうでもいい。
 そう、義実家での些細な事など、舞台までの隙間を埋める小さなデコボコでしかない。



 私今、幸せです!



 ピンクのTシャツは着ませんでしたが、リラコははきました。
 夫への気遣いです(すごく驚いていた)。
 だって、舞台に行ける。
 幸せだから、夫を気遣える。



 土台に自分の幸せを置く事で



 ピンクのTシャツは着ない→自分を尊重
 リラコははく→夫を気遣う
 ↓
 みんな幸せ


 
 という素晴らしい図式が出来上がるわけです。



 私、我慢する事を美徳だと考えている所があって、



 自分がしたいことをしないくせに、それがストレスになって苦しむという悪いグルグルにはまり続けてウン十年経つのです。



 結婚後は特にそうなっていました。
 専業主婦だから、主婦業を自分がちゃんとしなきゃ! お金稼いでないしワガママ言えない!
 という気持ちもあって。
 


 ずーーーっと力んでたんですよね。



 しかし。



 好きな事をやって、やりたい事をやって、自分の幸せを満たして周囲も幸せにできた方がええやんけ、と。



 人生1度きりやぞ、と。



 どうせ私の欲求なんてたかが知れてるし、
 何より



 私我慢してるのよ!
 不幸せで窮屈なのがお母さんよ!



 という姿を子供に見せるの、良くないんですよね。



 娘にそんな人生送ってほしいかと考えたら、嫌ですもん。
 じゃあ私もそんな人生にしない方がいい。
 幸せ〜☆
 と、ヘラヘラしてた方がいい。




 小さな嫌味にまで精神をすり減らさず、
 聞きたくない事は聞かずに部屋を出ていいし、
 おかしなこと言ってると思ったら意見していいし、



 「適当」でいいんだ。



 だって私、大した嫁じゃないんだもの。
 ごっめんっな さぁーーーーい☆



 ああ、心が軽い。



 力を抜くってこういう事なんですね。



 そう、所詮は私。
 プラスにもマイナスにも振り切れるような人間じゃない。



 その程度なんで!



 私だって至らない、悪い所いっぱいあるし。
 
 適当にしとこう。


 
 鼻先ににんじんぶら下げながら、楽しく生きていこう。



 昔読んだマンガで



「不幸比べはしませんよ 絶対に負けるから」



 というセリフがありました。



 最高です。



 幸せに生きていこう。



 
IMG_20180811_112724.jpg
 号泣のち熟睡。



 ちなみに帰省が終わったら、息子と2人でウルトラマンフェスティバルというウルトラマン祭りに行きます。



 にんじんだらけ、楽しい夏休みです!

三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ