2018/11/02 19:52
高級生食パン、乃が美
食べたことあるよー!という方いらっしゃいますか?
実は私、食べたことがなく、ずっと気になっていました。でも都内にお店がないんですよね。。。

そんな私のため?と勘違いしてしまうような、ステキなイベントに参加してきました。

その名も
「おうち乃が美」
なんでも、ホームベーカリーでつくる「おうち乃が美」を試食ができるとか!これは食べるしかない、とお腹を空かせて行ってきました。

181102_pana01.jpg

まずは、パナソニックのホームベーカリーの説明から。
ホームベーカリーは1987年2月に1号機が発売されて今年で31年、この間に進化を続けてきた実はとっても歴史のある商品なんです。
材料がわかる安心感、誰でも簡単にパンがつくれること、そして何と言っても焼き立てのパンのおいしさを伝えたいという思いのこもった商品なんですね。

簡単につくれておいしく食べられる秘密はというと

その1)プロの技を再現するねりの技術

例えばこのパンケースの羽根とリブと呼ばれる内側のくぼみには、パン職人が片手で生地を押さえながらもう一方の手で引きのばす動作ができるようにバランスよく配置されているんだそうです。

181102_pana02.jpg



さらに、モーターがねりの速度を変えられるので、様々なメニューが作れるとのこと。

その2)イースト自動投入と製パンプログラム

イーストは適切なタイミングで入れないと、発酵が進み過ぎてしまうこともあるそうです。パナソニックのホームベーカリーなら、タイミングをみて自動で投入してくれるから、いつでも誰でもおいしいパンがつくれます。
また温度センサーが室温と庫内の温度を検知して発酵時間や温度を管理してくれる、賢すぎ!!!

その3)バランス良い加熱で外はパリッ、中はソフトに焼き上がるんです。

そんなスグレモノのホームベーカリー、最新機種ではパン・ド・ミがより甘くリッチな味わい&口どけ良くなったほか、甘酒メニューも搭載されているんですって!

と、ここまでホームベーカリーについて学んだところで、いよいよ乃が美の中井シェフの搭乗!

181102_pana03.jpg

(右手は進行の広報さん、左手はホームベーカリーの開発ご担当者さん)

乃が美は現在104店舗、1日に5万本以上売れているそうです。
5年前に大阪にお店を開いた当時は「800円の食パンなんて高すぎて売れない」という声もあったそうですが、開発に3年を費やして完ぺきなものを作ったという絶対の自信があったとのこと。
そのうちに「今まで食べたことがない」「この食パンは日本一」というお客様の声もあり、あっという間に人気のパン屋さんになったんですね。

ちなみに「生」食パンの「生」ってどういう意味かご存知でした?私はそのままで食べることをおすすめしているから「生」だとばかり思っていたのですが、実は『耳までやわらかい』『口どけのよい』という特徴から「生食パン」と名付けられたんですって。
知らなかった〜
いちばんおいしく食べる方法として中井シェフが紹介していたのは、そのまま生でちぎって食べるというものでした。

中井シェフが監修した、ホームベーカリーでつくる生食パン「おうち乃が美」づくりをシェフ自ら実演してくれました。

強力粉、砂糖(三温糖)、塩(ぬちまーす)、バター(よつ葉乳業)、生クリーム(乳脂肪分35%)水をパンケースに入れて

181102_pana04.jpg

ホームベーカリーにセット

181102_pana05.jpg

ドライイーストを投入

181102_pana06.jpg

 スイッチを押して

181102_pana07.jpg

 はい、これだけ。

それにしても、人気パン職人がホームベーカリーを使っている絵って、、、貴重ですね。

こうしてつくられた「おうち乃が美」、いよいよお楽しみの試食です。

じゃーん

181102_pana08.jpg


やわらかさと口どけ感を伝えられない写真の腕のなさが残念すぎる!

食べてみると・・・とろけるような美味しさ!これがおうちでできるなんて、夢のよう

そしてもう2種類、アレンジレシピも試食しちゃいました。

レモン&オレンジピール「おうち乃が美」
 
181102_pana09.jpg


美味しすぎる!

抹茶&甘栗の「甘」とレモン&オレンジピールの「ほろ苦」を交互に食べていたらエンドレスになりそう。
試食でよかった〜

おうち乃が美をつくりたいわ!と思ったあなたは、パナソニックのホームベーカリーをチェックしてみてください!
サイトにレシピも載っています。

そしてお店乃が美を食べてみたいわ!と思ったあなたにニュース、都内初となる麻布十番店が11月15日にオープンするそうですよ。

181102_pana10.jpg


一緒に参加したハツフミカさんのブログもアップされています。

チェックしてみてくださいね〜


口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
コメント(0)